フォトフラッシュ

高さ135メートルの新駅ビル「横浜駅西口開発ビル」が工事着工 2020年に開業予定

2020年の開業を目指し、新駅ビル「横浜駅西口開発ビル」の新築工事が10月19日に始まった。2011年3月に営業終了した旧駅ビル「シアル」と「エクセルホテル東急」の跡地に建てる地上26階・地下3階建て、高さ約135メートルの「駅前棟」には、地上10階~地下2階に商業施設、地上12階~26階に業務施設を設置する予定。2020年の開業を目指す。地上9階建ての「鶴屋町棟」の工事着手は2018年の予定。

  •  
  •  

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2020年に、横浜駅西口に高さ135メートルの高層ビルを開業する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?