3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

横浜三溪園で「新緑の古建築公開」 和歌山市ゆるキャラ・吉宗くんも

重要文化財「臨春閣」

重要文化財「臨春閣」

  • 0

  •  

 三溪園(横浜市中区本牧三之谷58)で4月29日から、ゴールデンウイーク限定「新緑の古建築公開」が開催される。

 会期中は江戸時代初期の臨春閣(国指定重要文化財)、大正時代の白雲邸(横浜市指定有形文化財)の内部を特別公開し、聴秋閣奥の新緑の遊歩道も公開する。

[広告]

 臨春閣(1649年建築)は、紀州徳川家初代藩主・頼宣が別荘として和歌山の紀ノ川沿いに建てた数寄屋風書院造りの建物。三溪園内苑の景観の中心を成している。

 一方、白雲邸(1920年建築)は、三溪が晩年期に夫人と過ごした隠居所として知られる数寄屋建築で、三溪と同郷の岐阜出身の大工・山田源市による建造。内部は装飾性が抑えられた素朴な造りで、和風の中に洋風を取り入れた談話室や、各種の銘木や螺鈿(らでん)があしらわれた奥書院などを備える。

 関連イベントとして、臨春閣と白雲邸での生け花展示(4月29日~5月5日)、原三溪市民研究会による「クイズで学ぶ三溪園~原富太郎と横浜」(5月3日~5日)を実施。三溪園ボランティアによる「自然観察会」(4月30日、5月5日)や「新緑の一日庵(いちじつあん)茶会」(4月30日)、合掌造りに軒菖蒲・五月人形を飾る「端午の節句」(軒菖蒲=5月3日~5日、五月人形=4月22日~5月9日)も開催される。

 そのほか、4月29日~5月1日には、臨春閣ゆかりの地である和歌山市から観光キャラクターの「吉宗くん」が来園し、観光情報PRや記念撮影を行う。

 三溪園の広報担当の吉川利一さんは「催しでは、単に建物内部が公開されるだけでなく、さまざまな関連企画もご用意している。新緑に包まれた庭園内のあちこちを巡りながらお楽しみいただけたら」と話す。

 開園時間は9時~17時(入園は閉園30分前まで)。入園料は大人=500円(市内在住65歳以上無料)、小学生=200円。5月5日まで。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?