見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「自転車」を仕事に 関内で先駆者招きトークイベント

「くるくるサイクル」で開催した輪行講習の様子

「くるくるサイクル」で開催した輪行講習の様子

  • 0

  •  

 ビジネスインキュベーション拠点「mass×mass 関内フューチャーセンター」(横浜市中区北仲通3)で3月17日、トークイベント「“自転車”を仕事にする ~地域活性からジャーナリストまで~」が開催される。

 同イベントは、自転車を生業している人や、プロジェクトに取り入れている人を招き、これからの暮らし方や働き方を模索しようと企画。主催はWOWOW(東京都港区)が運営する自転車情報サイト「くるくるサイクル」。

[広告]

 当日は、秋山友志さん(横浜商科大学商学部観光マネジメント学科特任講師、ひとり旅研究家)、小松浩二さん(REFS代表、沼津ジャーナル主宰)、シモジョウエイゴさん(カメラマン、編集者)の3人をゲストに、地方や海外も含めた自転車活用事例を紹介する。進行は大内征さん(ローカライズプロダクション代表、低山トラベラー、自由大学教授)。

 大内さんは「ゲスト陣は、それぞれ仕事にプライベートに町の活動にと、自転車を活かしている先駆者たち。自転車を用いたビジネスで起業準備をしている人、ツーリズムや地域活動をしようとしている人、カメラや映像を活かしてサイクリング領域で活動したい人、自転車が好きでたまらないという人など、ぜひヒントを見つけに来てほしい」と話す。

 開催時間は19時30分~21時(19時開場)。参加費2,000円(ワンドリンク・軽食付き)。詳細・申し込みはくるくるサイクルホームページから。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?