新型コロナ関連速報:緊急事態宣言2週間延長へ

食べる

赤レンガでビールの祭典「オクトーバーフェスト」 ビール過去最多100種類以上

「横浜オクトーバーフェスト2015」イメージ

「横浜オクトーバーフェスト2015」イメージ

  • 0

  •  

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)で10月2日から計17日間、ドイツ・ミュンヘンで行われるビールの祭典を再現した「横浜オクトーバーフェスト2015」が開催される。

日本初上陸のドイツビール「アウグスティナーラガービアヘル」

 オクトーバーフェストは、1810年にミュンヘンでスタートしたビールの収穫祭。世界中から約600万人が訪れる世界最大のビールイベントとして知られている。横浜では毎年10月に開催しており、昨年は約13万9千人を動員した。主催は横浜赤レンガ倉庫。

[広告]

 期間中は、イベント広場にドイツ製の大型テントを設置し、ミュンヘン6大醸造所の一つが手がける日本初上陸のドイツビール「アウグスティナーラガービアヘル」(各日先着100人)、神奈川のクラフトビールなど過去最多100種以上の多種多様なビールを提供。フードは、ドイツ直輸入ソーセージの盛り合わせ「カイザープレート」、ドイツの生パスタ「きのこクリームソースのシュペッツレ」、ザワークラウトなどを用意する。席数は3,150席(常設座席数=1,950席、フリーエリア=1,200席)。

 会場では、ドイツ人楽団「WOHO & KALENDAR BAND」による生演奏も楽しめ、10月2日は17時30分からオープニングセレモニーを予定している。

 横浜赤レンガ倉庫の本多康介さんは「14回目を迎える今年は、ビールの種類、会場ともに過去最大規模での開催。近年ではクラフトビールやフレーバービールなどの人気を受けて女性のお客様が増加しており、期間限定で女性専用席も初めて開設する。今年も本場ドイツの雰囲気をお楽しみいただけたら」と話している。

 開催時間は、平日=12時~21時30分、土・日曜・祝日=11時~21時30分。10月2日のみ17時~21時30分。入場料は300円(中学生以下無料)。10月18日まで(荒天時は休業の場合あり)。

 横浜赤レンガ倉庫では「横浜オクトーバーフェスト2015」と連動した秋の館内キャンペーン「Red Brick HERBST 横浜赤レンガ倉庫秋の収穫祭」を実施中。横浜赤レンガ倉庫限定の「ビールクッション」(2号館2階「サリュ!」)や「若鶏1/2羽と茸リゾットのキャセロール」(2号館1階「グリップオーガニック」)など、各店舗でオクトーバーフェストやドイツをテーマにしたグッズやメニューを提供している。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?