買う

西横浜にセレクト書店「三田商店」 大倉山「BOOK APART」が移転

「三田商店」の外観

「三田商店」の外観

  •  
  •  

 相鉄線「西横浜」駅近くに7月11日、セレクト書店「三田商店」(横浜市西区久保町19)がオープンした。

「三田商店」内観

 店主の三田修平さんは、横浜市旭区出身。「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」や「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」などの書店に勤務後、2012年にトラックを使った移動本屋「BOOK TRUCK」をスタートし、都内や福島、長野でさまざまなイベントに出店してきた。

[広告]

 2013年には、ルーブル美術館分館「ルーブル ランス」の設計でも知られる建築家ユニット「SANAA」の妹島和世さんが設計した「大倉山集合住宅」(横浜市港北区)に常設店舗「BOOK APART」をオープン。「BOOK TRUCK」の拠点として営業していたが、より本の出し入れがしやすい平屋で、なじみのある相鉄線沿線に移転したいと、

物件を探した。

 店舗は藤棚商店街近くの元床屋で、面積は約26平方メートル。現在は「BOOK APART」の商品を引き継いだ古書が中心で、今後は文具や食品、洋服、日用品なども増やしていくという。

 三田さんは「おしゃれであることで本に興味を持ってもらえるのは良いが、おしゃれなものとして消費されてしまうのは不本意だったので、ここは日用品なども置いて、ふつうの店っぽくしたかった。野毛山のこちら側にももうちょっと個性的なお店があったらいいな、と思う人たちに来てもらえたら」と話している。

 営業時間は12時~19時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?