食べる

石川町で周辺55店舗参加の「裏フェス」、エリアも拡大

前回の「裏フェス」の様子

前回の「裏フェス」の様子

  •  
  •  

 石川町駅の南口周辺の通り(横浜市中区石川町2)で4月19日、ワンコインメニューやストリートライブが楽しめる「裏フェス」が開催される。

「三丁目のマリー」の甲府鳥のもつ煮

 石川町1~4丁目の飲食店が裏通りを盛り上げようと企画した同イベント。2回目の開催となる今回は、前回より30店舗多い55店舗が参加し、うち42店舗の飲食店がイベント限定のワンコインメニューやアルコールドリンクを提供する。前回4千人以上が来場して混雑したことを受け、開催エリアは表通りまで拡大した。

[広告]

 主催する石川町活性化委員会メンバーでファミリーマート鈴木石川町店店長の鈴木幹雄さんは「第1回目は予想以上に多くの人が集まり、大盛況に終わった。今回はよりたくさんの人に楽しんでもらいたいと思い、石川町の各町内会や商栄会に声かけを行い店舗数、エリアともに拡大することができた」と話す。

 2つのステージブースでは、ダンスやライブのパフォーマンスも実施。第1ブースの出演は、ソウルシンガーの千亜輝さん、フミオカフミオさん、DJのROY-Tさん、MOJOAさん、タコベルエンターテインメントなど、横浜や横須賀を拠点に活動するアーティスト総勢15人。地蔵坂横の第2ブースでは、1970年代にはやった横浜発祥のダンス「ハマチャチャ」の魅力を伝えるダンサー・藤中一朗さんらがダンスを披露する。

 フードメニューは、うなぎの老舗「横濱八十八」の特製ハヤシライスや、「PARTY ANIMALS」の「山梨地鶏のスパイシーブリトー」、「HanaUta cafe」の「嶋倉豚のミルフィーユカツサンド」など。また、手作り小物の物販やワークショップも行われる。

 鈴木さんは「石川町の各店舗がひとつになって町を盛り上げるという当初の目標がカタチになり、とてもうれしく思う。今後は、『裏フェス』は年1回の秋開催を予定している。これ以外にもさまざまなイベントを企画して石川町を盛り上げていきたい」と話している。

 開催時間は15時~19時。参加店舗やライブ内容の詳細は「春の裏フェス」Facebookページで。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?