新型コロナ関連速報1日:市内648人を確認

買う 学ぶ・知る

関内で「どんぐりポイント成果報告会」-カーボンオフセット商品を支援

どんぐりポイントが付与されているトライフ(横浜市中区)の口腔ケア製品「オーラルピース」

どんぐりポイントが付与されているトライフ(横浜市中区)の口腔ケア製品「オーラルピース」

  • 0

  •  

 シェアオフィス「さくらWORKS<関内>」(横浜市中区相生町3)で2月20日、横浜グリーン購入ネットワークが主催する「どんぐりポイント制度 成果報告会~ Project"D" Eco×Businessへの挑戦者たち~」が開催される。

[広告]

 どんぐりポイント制度は、「どんぐりポイント」が付いたカーボンオフセット製品を購入し、ポイントを集めることで、さまざまな環境活動を支援する環境ラベル認証事業。経済産業省が2013年度から始め、現在愛媛県・北海道・横浜市の3つの地域で普及のための取り組みが行われている。

 横浜では昨年7月から、環境に配慮した製品・サービスの購入や提供を推進する企業間ネットワーク「横浜グリーン購入ネットワーク」が「どんぐりポイント」の付与や、ポイントを活用する仕組み作りを実施。どんぐりポイント商品の販売やポイント回収には東急ハンズも協力。集まったどんぐりポイントは子どもたちが未来の社会を描いた「環境絵日記」の中の一案の、空いている土地を耕す「笑顔の野菜作り」の実現や、横浜の水源である山梨県道志村の森づくりに活用される。

 成果報告会では、制度運営に関わる経済産業省環境経済室の福田守宏さん、横浜グリーン購入ネットワーク発起人団体の大川哲郎さんのほか、制度に参加した横浜市内企業から、石田英博さん(日本テピア)、池田陸郎さん(カーボンフリーコンサルティング)、土井菜穂子さん(湘南貿易)と、FMヨコハマのエコロージー番組の制作を手掛ける前田牧絵(エフエムサウンズ)さんの6人のゲストがパネル討論に参加。その後、パネル討論から見えた各立場での課題解決や連携の可能性を探るための、グループ討論が行われる。

 報告会の企画を担当する横浜グリーン購入ネットワークの内藤秀治さんは「今回のイベントはゲストが豪華。国の環境政策に地域企業がコラボレーションして進めているこの制度が横浜で発展し普及する場に、ぜひさまざまな方に来てほしい」と話している。 

 開催時間は18時~21時。参加無料。申し込み・問い合わせは横浜グリーン購入ネットワークまで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース