天気予報

25

14

みん経トピックス

ワイヤレス給電式ホットマグパシフィコ横浜で「CP+」

ドラゴンボートで横浜港遊覧「おでんクルーズ」-3月末まで限定

  • 0
ドラゴンボートで横浜港遊覧「おでんクルーズ」-3月末まで限定

熱々のおでんが楽しめる船内で楽しめる。ドリンクやおつまみの持ち込みも自由

写真を拡大 地図を拡大

 京浜フェリーボート(横浜市中区海岸通1、TEL 045-201-0821)は、横浜港内をクルーズする遊覧船の中でおでんが楽しめる予約制の「おでんクルーズ」を期間限定で実施している。

好きな時間を指定して10人~30人で貸し切りの船上宴会ができる

 今回が初となる同企画では、ドラゴンボート「海龍」の船内で、おでんやお酒、カラオケが楽しめる。ドリンクやおつまみの持ち込みも自由。所要時間は約1時間30分。

 おでんメニューは、大根・卵・こんにゃく・餅入り巾着・はんぺん・ごぼう天・野菜天・カニ風味団子・がんもどき・ウインナー。肉まんや酢めしの混ぜご飯、日本酒、焼酎、ホットウーロン茶なども用意する。

 ドラゴンボート「海龍」は、屋根に金色のドラゴンの装飾が施された横浜港を周遊する遊覧船。窓際のカウンター席、ソファーのテーブル席、後部のオープンスペースでフード・ドリンクを楽しみながら、横浜港の夜景を満喫できる。

 京浜フェリーボート観光事業部の田代洋一さんは「好きな出航時間を指定できるので、夕方からトワイライトタイムと夜景の両方を楽しむこともできる」と話している。

 発着場所は、象の鼻パーク内ピア象の鼻(中区海岸通1)かピア運河パーク(横浜市中区新港2)を選べる。料金は一人5,500円(乳幼児無料)で、10人以上30人までの貸し切りができる。事前予約・入金制。月曜運休。運航は3月末まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)大さん橋ホールで4月21日と22日、ハワイラヴァーズのフェスティバル「H.I.S. presents LOVE HAWAII Collection 2018」が開催される。「音楽、フラ、アート、ショップ、フードを通じ、夢、希望、情熱を感じることで“人と人とのハッピーをつなぐ”」ことを目指し2010年にスタートした日本最大級のフライイベント。毎年3万人以上を動員し、今年で9年目となる。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング