天気予報

9

4

みん経トピックス

関内でCSV学ぶ公開トーク横浜港で「おでんクルーズ」

横浜のベンチャーがワイヤレス給電式ホットマグを発売-ボードに置くだけで保温

  • 0
横浜のベンチャーがワイヤレス給電式ホットマグを発売-ボードに置くだけで保温

新発売のDS HOT MUG(マットブラック)

写真を拡大 地図を拡大

 横浜のベンチャー企業ディサプライング(横浜市中区尾上町5)は1月31日、ワイヤレス給電式のホットマグ「DS HOT MUG(ホットマグ)」のインターネット予約を開始した。

 ディサプライングは、ソニーの技術者だった代表取締役COOの斎藤茂彦さんら3人を中心に、ワイヤレス給電関連商品の製造・販売を目指して2014年5月に設立。

 今回発売する「DSホットマグ」は、携帯電話のワイヤレス給電に使われる技術を応用し、給電ボードの上に置くだけで、50度から60度の飲み頃の温度で保温ができる。マグカップ内部のヒーターに接続された受電コイルが、給電ポードのコイルと反応して電気が発生する仕組みを活かしている。

 マグカップは、高さ109ミリメートル、直径87ミリメートルで、約350ミリリットル入る。女性へのヒアリング調査を元に、洗う際に手が入るよう直径を大きめに設定。デスクの上で倒れにくいように高さを低くし、安定感のあるデザインを採用したという。カラーは白と黒の2色で、今後バリエーションを増やしていく予定。

 価格はDSホットマグと給電ボードのセットで10,584円。ディサプライングの運営するショッピングサイト「DSショッピング」で予約でき、2月6日から出荷を開始している。また、2月14日までの予約は送料が無料になるキャンペーンを行っている。

 斎藤さんは「DSホットマグは、ワイヤレス給電技術を活かした最初の商品。給電ボードの仕組みは、飲み物を温めるだけでなく、携帯の充電や他のデバイスへの電源供給として活用できる。今後関連商品を増やし、カフェやシェアオフィス、介護施設などさまざまな場所での活用方法を提案していきたい」と話している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜歴史資産調査会は、「野毛都橋商店街ビル」(横浜市中区宮川町1)を歴史的建造物として保存活用するため、公益財団法人横浜市建築助成公社から寄贈を受けて所有することになった。同ビルは、1964年の東京オリンピックを契機として野毛周辺などの路上で営業していた露店などを収容するために、同年に建設された共同店舗。2016年12月に横浜市登録歴史的建造物に登録された。現在、横浜野毛商業協同組合が管理運営を行い、約60の店舗が営業している。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング