新型コロナ関連速報5日:市内3人を確認

学ぶ・知る

関内で「新CSR検定3級」の事前勉強会ー企業の社会的責任について学ぶ

新・CSR検定3級公式テキスト

新・CSR検定3級公式テキスト

  • 0

  •  

 中区・関内(横浜市中区相生町3)で1月22日、「新CSR検定3級検定 事前勉強会」が開催される。

[広告]

 CSRとは「企業の社会的責任」(Corporate Social Responsibility)のこと。「新CSR検定3級検定」は、2008年からこれまでに11回開催されてきた「サスティナビリティCSR検定」をリニューアルした試験で、今回が初開催。CSRの基本知識を身に付けCSR活動が企業価値を高めることや、企業と社会が連携して社会的課題を解決する意味などを学び、今後の企業・組織の戦略に生かせる人材を育成する目的で企画された。

 検定は、3月8日に全国11都市で一斉に行われ、横浜でも神奈川中小企業センタービル(横浜市中区尾上町5)で受検することができる。主催は、NPO法人企業社会責任フォーラム、日本財団、オルタナ。

 事前勉強会は、CSR専門誌「オルタナ」編集長である森摂さんと、同検定の検定委員長の影山摩子弥さん(横浜市立大学教授、横浜市立大学CSRセンター代表)を講師に招き、CSRをより広く普及し、CSRの基礎からさらに専門的な知見と実践を問う内容の「CSR検定3級」に出題が予想される問題について学ぶことができる。

 影山さんは横浜市が地域貢献活動に取り組む企業を認定する「横浜型地域貢献企業」の評価指標策定などの制度設計にも関わっているほか、「地域CSRが日本を救う」(敬文社)や、「なぜ障がい者を雇う中小企業は業績を上げ続けるのか?―経営戦略としての障がい者雇用とCSR 」などの著作がある。

 新CSR検定について森さんは「すべての社会人にとってCSRの基礎知識を理解することは必要なこと。CSR検定は広くCSRを知ってもらうための良い機会。3級はこれから社会に出る大学生にとっても役に立つ内容。ぜひ検定を受けてほしい」と話す。

 影山さんは「検定は知識を深めることで本人の知識欲が満たされるものだが、新CSR検定は、単に知識を得るだけでなく、企業や組織でCSRの指針を策定するなど、CSRを実践していくための知識を身につけることができる」と話している。

 会場はシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」(横浜市中区相生町3)。
開催時間は18時30分から。参加費は1,000円(資料代・飲み物付)。詳細は「新CSR検定3級検定 事前勉強会」(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ)ホームページで。

 CSRは、社会への貢献の他、倫理法令遵守(コンプライアンス)や顧客対応、品質向上、労働安全衛生、財務、環境、情報セキュリティなど経営全般にわたり、社会の一員である企業が、社会に対してさまざまな責任を果たしていかなければならず、それが企業の存続につながるという考え方。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース