見る・遊ぶ

横浜赤レンガ倉庫に冬季限定「スケートリンク」-スケート教室も開催

昨年の様子(写真提供:FILM HOUSE AMANO STUDIO)

昨年の様子(写真提供:FILM HOUSE AMANO STUDIO)

  •  
  •  

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)で、12月6日から冬季限定の野外特設スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」の営業がスタートする。

 アートリンクは、毎年異なる光・音の演出を施したスケートリンク。屋外スケートリンクをキャンパスに見立て、アーティストとのコラボレーションによるアート空間を提供している。主催は横浜赤レンガ倉庫。

[広告]

 今年のテーマは「Narrative(ナラティブ)」。アーティストの皆川俊平さんを迎え、通常は園芸用品として使われる素材「寒冷紗(かんれいしゃ)」と海のモチーフを使い、どこか懐かしいノスタルジックな空間を演出する。テクニカルディレクションは空間演出デザインなどを手掛ける「ミラクルプロダクツ」、音楽は「Blanju(ブランジュ)」(マスターマインドプロダクション)が担当。

 12月5日には、17時よりオープニングセレモニーを開催。ゲストのシンクロナイズド・スケーティングチーム「神宮 Ice Messengers Grace」が華麗なパフォーマンスを披露するほか、パフォーマンス終了後は一般滑走が20時まで無料になる。

 期間中は、小・中学生を対象にした「はじめてのスケート教室」(計7日間)も開催。イベント広場では、本場ドイツのクリスマスマーケットを再現した「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が開催されている。

 同イベント広報の建部あき子さんは「今年のアートリンクを彩るアーティスト皆川俊平さんの作品は、11月3日に終了したアートと光の祭典『スマートイルミネーション横浜2014』にも出品していた。コンテンポラリーアートをより身近に感じられる『参加し、体験できる』アートイベントを多くの方に楽しんでほしい」と話している。

 営業時間は平日=13時~22時、土曜・日曜・祝日=11時~22時。クリスマスシーズン、年末年始は特別営業時間。入場料は大人(高校生以上)=500円、小人(小・中学生)=400円、3歳以上=300円。貸靴料=500円、付き添い観覧料=200円。会期は12月6日~2015年2月22日。2015年2月17日は休業。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?