新型コロナ関連速報27日:市内54人/県内16…

食べる

本牧通りにポップコーン専門店「横浜ポップコーンランド」-「リフィル」サービスも

店内はテーマパークのような雰囲気

店内はテーマパークのような雰囲気

  • 0

  •  

 本牧通りに10月24日、ポップコーン専門店「横浜ポップコーンランド」(横浜市中区本牧間門20、TEL 045-323-9371)がオープンした。

S・R・缶の3サイズ

 同店は4年前からポップコーン販売を手がける木下浩二さんが開業。店舗を持たずに催事などで販売を続けていたが、利用者から実店舗についての問い合わせがあったことや、本牧地区を少しでも盛り上げたいという気持ちに後押しされ、今回店舗をオープンした。

[広告]

 店舗の内装は船や港・海などをモチーフにした港町横浜をイメージさせるものになっており、店全体がテーマパークのような雰囲気を醸している。

 フレーバーは濃厚キャラメル(S:350円、R:550円、缶:2,200円)、ソルト(S:350円、R:550円、缶:2,200円)、チョコレート(S:400円、R:600円、缶:2,300円)などの定番のほか、カレー(S:350円)、シュウマイ(S:350円)、期間限定のパンプキン(S:400円)など常時7・8種類を用意。ギフト向けのオリジナル缶入り「4フレーバー」(2,500円)や、テーマパークや映画館などで販売されているポップコーン容器に1律550円でポップコーンを詰められるリフィルサービスも用意する。

 通常のポップコーンより大きくふくらむ豆や、トランス脂肪酸の含まれていない天然のココナッツオイルを使うなど、ポップコーンの質にもこだわる。

 木下さんは「大人も子供も気軽に立ち寄れ、お店にいる間はお客様が楽しい気持ちになれる町のポップコーン屋として、本牧に根付いていきたい。物珍しさで売るのではなく、長く街の人に愛されるものを提供していきたい」と話している。

 営業時間は11時~19時。水曜定休。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?