新型コロナ関連速報3日:市内2355人を確認

食べる 見る・遊ぶ

石川町のギャラリーで「ポップアップサンフランシスコ」-版画展とレストラン

イラン・カメサーさんの版画作品

イラン・カメサーさんの版画作品

  • 0

  •  

 石川町の「Launch Pad Gallery(ランチパッドギャラリー)」(横浜市中区石川町5)で11月28日から、アメリカ・サンフランシスコのアートと食が楽しめる「Pop Up S.F. - Art & food from San Francisco」が開催される。

[広告]

 ランチパッドギャラリーは、元町で営業していたギャラリーカフェ「LAUNCH PAD cafe & gallery」を移転リニューアルし、今年5月にオープン。サンフランシスコ出身で写真家のフレッド・バフーベンさんと版画家のリュウリンさん夫婦が運営し、さまざまな展示やイベントを行っている。

 今回のイベントでは、サンフランシスコを拠点に活動する版画家、イラン・カメサーさんのリノリウム版画12点を展示。視覚に訴える独特のポーズの人物が孤独と親密さをシンプルに表現する作品は、米国議会図書館を含む世界各地で収蔵されている。

 また、11月29日には、オープニングパーティーとして、エチオピア出身で現在はサンフランシスコで活躍するシェフのエスカンダー・アセジェドさんによる料理が楽しめるポップアップレストラン「Radio Africa & Kitchen(ラジオアフリカ&キッチン)」をオープン。エチオピアでラジオのある家に集まりサッカーの試合や音楽を聞いた経験から、2004年からアセジェドさんが自宅で始めたもので、さまざまなカフェに拡大し、2012年にはサンフランシスコのベイビュー地区に最初のレストランをオープンしたという。参加費は1,500円。

 同ギャラリーのリュウリンさんは「展示アーティストのイランは、私のサンフランシスコでの活動拠点だった版画工房の仲間。旅が好きで、いつか日本に行ってみたいと言っていた。私が日本に引越してから、フェイスブックでつながり、ギャラリーを始めたことを知り、今回彼の友人であるシェフのエスカンダーと共に、サンフランシスコの雰囲気を届けに来てくれることになった。イランの心の中を表すポーズが不思議な作品とエスカンダーの一つの文化にとらわれないカリフォルニアスタイルの料理を楽しんでほしい」と話している。

 開催時間は13時~19時。入場無料。展示は12月3日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース