新型コロナ関連速報:市658人/県1751人

暮らす・働く

横浜・本牧で「防災おさんぽ」-子育て中の親子対象に

以前開催された防災講座の様子

以前開催された防災講座の様子

  • 0

  •  

 子育て支援グループ「まま力の会」(横浜市中区本牧原16、本牧地区センター内)は10月19日、子育て中の親子などを対象とした防災イベント「防災おさんぽ」を開催する。

[広告]

 当日は、災害からの自宅外避難を想定し、防災グッズなど必要なものを持って避難場所の本牧山頂公園(中区和田山1)に集合。実際に食事をしたり休憩をしたりして「疑似避難」を体験し、避難ルートや必要なもの、家庭で備えている非常食が子どもがちゃんと食べられるものなのかどうかなどを確認する。また、災害時は援護が必要になる乳幼児や妊婦が、いざというときに助けを求めるにはどうすれば良いのかなどについて学ぶ。

 講師は、建築・都市計画、子どものための都市環境などが専門の横浜市立大学准教授・三輪律江さん。「おさんぽ」のあとは本牧地区センターへ移動し、散歩を通して日頃からできる防災の備えについてレクチャーを受けた上で、話し合う。

 講師の三輪さんは「『あの家庭には赤ちゃんがいたはずだ』などと、いざというときに町の人に思い出してもらい助けにきてもらうためには、散歩などを通して町を知り人とふれあい、存在をアピールしておくことが大切。そうしたつながりをつくっておくことにより、地域住民で構成する防災拠点の運営委員会などに乳幼児連れや妊婦の立場からの要望を伝えやすくなる。子連れでも臆せず町づくりに声をあげられる存在になってほしい」と話している。

 まま力の会は、2013年3月に本牧地区センターを拠点に発足した子育て世代による子育て支援グループ。子育てしやすい環境づくりや母親の視点を生かした地域活性化を目指して活動している。子育ての悩みを解決し、世代を超えて育児の楽しさを伝えたいと、当事者の「あったらいいな」を生かした暮らしに役立つイベント開催や街歩きなどの活動を行っている。

 集合は11時に本牧山頂公園の観山広場。会費は1家族1,000円。雨天の場合は地区センター(小中会議室)で開催。申し込み・問い合わせは本牧地区センター(TEL 045-622-4501)まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース