新型コロナ関連速報7日:市629人/県2050…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

ゆず発祥の地に北見川潤子&ムーチョ小岩沢「夜霧の伊勢佐木町」の大看板

ゆず「夜霧の伊勢佐木町」オリジナルボード

ゆず「夜霧の伊勢佐木町」オリジナルボード

  • 0

  •  

 人気フォークデュオ「ゆず」の新曲ジャケットをモチーフにした大看板が7月18日、イセザキ・モール4丁目の多目的ライブハウス「クロスストリート」前(横浜市中区伊勢佐木町4)に設置された。

[広告]

 「ゆず」は、伊勢佐木町の路上ライブからメジャーデビューを果たした横浜出身の人気アーティスト。今回、「ゆず(北見川潤子&ムーチョ小岩沢)」名義のデジタルニューシングル「夜霧の伊勢佐木町~愛の真世界編~」のネット配信を記念し、ゆず命名の多目的ライブハウス「クロスストリート」前に期間限定でオリジナルボードが設置された。

 同看板のモチーフになった新曲「夜霧の伊勢佐木町~愛の真世界編~」は、昭和の懐かしさ漂うデュエットソング(詩・曲:北川悠仁)。ゆず12枚目のアルバム「新世界」の初回限定特典CDに収録されていた同名楽曲をベースにアレンジを加えた楽曲。伊勢佐木町を舞台に山下埠頭や馬車道、相生町など地元の地名が歌詞に多く取り入れられている。

 北川悠仁さんが女装姿で扮(ふん)する「歌唄い」北見川潤子と、岩沢厚治さん扮する「ギター弾き」ムーチョ小岩沢は、2002年に発売されたシングル「恋の歌謡日」のミュージックビデオに登場した話題の仮装キャラクター。現在14都市でツアー「YUZU ARENA TOUR 2014 新世界」を開催中のゆずが、同ツアー内で12年ぶりにムード歌謡の雰囲気漂うデュエット「潤子&ムーチョ」を復活させた。

 イセザキ・モール1・2St.の加藤昇一理事長は「イセザキ・モールにまた新名所が誕生した。iTunes(アイチューンズ)でも配信中の『夜霧の伊勢佐木町』は懐かしいムード歌謡メロディーなのでぜひ聞いてほしい」と話している。

 「夜霧の伊勢佐木町」オリジナルボードは年内限定設置の予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース