新型コロナ関連速報26日:市内1705人を確認

七夕の日に横濱媽祖廟で「良縁祭」-縁結びの神様に祈願

横浜中華街「横浜媽祖廟」

横浜中華街「横浜媽祖廟」

  • 159

  •  

 横浜中華街の「横濱媽祖廟(まそびょう)」(横浜市中区山下町136)で7月7日、縁結びの神様・月下老人(げっかろうじん)に良縁を祈願する「良縁祭」が開催される。

横濱媽祖廟「良縁祈願のお守り」

[広告]

 月下老人は、男女の仲をはじめ、家族や知人との絆(きずな)、人間関係や仕事など、あらゆる良縁をつなぐ「縁結びの神様」として親しまれている。月下老人の名は、唐の時代に書かれた怪奇小説が由来とされ、月下老人の「自分の持っている赤い糸で結ばれた男女は必ず結ばれる」という予言が的中し、ある男が幸せな夫婦生活を送ったという伝承が「運命の赤い糸」の伝説の元とされている。

 媽祖廟では、2009年から七夕の日の7月7日に「良縁祭」を開催しており、今年は100人以上が拝神儀式に参加する予定。良縁祭では神事を執り行う拝神儀式で、奉納された良縁祈願のメッセージカードのたき上げとともに奉納者の名前が読み上げられる。

 廟内では、メッセージカードやお守りが封入された「良縁セット」のほか、ピンクの巾着型の「良縁祈願のお守り」を販売している。

 横濱媽祖廟事務局の担当者は「廟内で通念販売している『良縁祈願のお守り』は、横濱媽祖廟で一番人気のお守り。縁結びにゆかりのある七夕の日に、『良縁祭』で恋愛だけでなく、人と人とのつながりに願いを託していただけたら」と話している。

 会場は横濱媽祖廟の神殿。拝神儀式は11時スタート。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース