見る・遊ぶ

横浜DeNAベイスターズが小学生向け通年型野球教室-南区、中区、港北区で

受講者を指導する小山田保裕さん © YDB

受講者を指導する小山田保裕さん © YDB

  •  

 横浜DeNAベイスターズは、4月にスタートする通年型の野球教室「横浜DeNAベイスターズ・ベースボールスクール」に参加する小学生を募集している。

 選手OBの鈴木尚典さん、小山田保裕さん、北川利之さん、桑原義行さんの4人を講師に迎え、球団独自の指導カリキュラムをベースにした同スクール。今年は横浜南校(清水ヶ丘公園運動広場、横浜市南区清水ヶ丘)に加え、本牧市民・臨海公園運動広場(中区三之谷)を会場とする横浜中校と、岸根公園野球場(港北区岸根町)・横浜スタジアム室内練習場(中区横浜公園)の2カ所を会場とする横浜港北校を新たに開校する。

[広告]

 教室では、きめ細かい指導により野球の基礎技術と挨拶・礼儀などのスポーツマンシップの大切さを教え、子どもたちの健全な心身の成長を促すことを目指す。小学校低学年の初心者にも野球の楽しさを体感してもらえるプログラムを用意する。

 スクールは、球団による野球を通した地域貢献活動の一環として、昨年から通年型で行われ、神奈川県内の野球人口の底辺拡大も目標としている。

 スクールの講師を務める、ベイスターズ選手OBで現球団職員の小山田保裕さんは「今回は参加希望者の増員もあり、新たに2校を開講することになった。地域貢献や県内の野球人口の底辺拡大につなげる活動の一つとして実施している。各年代、レベルに合わせたさまざまなカリキュラムを用意しているので、野球初心者のお子さんもぜひ参加してほしい」と話している。

 コースは、基本技術の習得を中心に段階的にレベルアップする「レギュラークラス」と、基本技術の習得と共に、更に上のレベルを目指す「アドバンスクラス」に分かれており、対応するクラス、学年は各校でそれぞれ異なる。定員は各クラス32人(応募多数の場合は抽選)。

 申込み締切りは3月9日。入会特典として、横浜DeNAベイスターズ公式ファンクラブ「B☆SPIRIT友の会」キッズ会員に入会できる。受講料などのは詳細は横浜DeNAベイスターズ・ベースボールスクールホームページで。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?