横浜でルクセンブルク出身のジャズピアニスト、ミシェル・レイスさん初来日公演

印象的なメロディーと流麗なプレースタイルで知られるミシェル・レイスさん

印象的なメロディーと流麗なプレースタイルで知られるミシェル・レイスさん

  •  
  •  

 ルクセンブルク出身のジャズピアニスト、ミシェル・レイスさんが2月11日から、ライブハウス「KAMOME live matters」(横浜市中区住吉町6)を皮切りに初来日公演となる日本ツアーを開催する。

 現在ニューヨーク在住のミシェルさんは、幼いころからクラシックピアノを学び、14歳よりプロ活動を開始、16歳で自身のバンドを結成した。バークリー音楽大学とニューイングランド・コンサヴァトリー・オブ・ミュージックを卒業。2005年に第1回モスクワ・ジャズ・パフォーマー・コンペティションの最終選考に残ったことで注目され、アルバム「A Young Mind」でデビューした。2006年にはモントルー・ジャズ・ソロ・ピアノ・コンペティション2位を受賞。現在までに4枚のアルバムを発表している。2013年、ルクセンブルク文化省支援のもと2009年に設立された非営利団体「Music:LX」より最優秀海外進出アーティスト賞ジャズ部門を授与された。

[広告]

 今回の来日は、横浜のレコード・レーベル「モークラウド・レコーズ」の協力のもとに実現。静岡、名古屋、京都、東京を回り、東京公演ではライブ・レコーディングも行う。

 来日公演の後援団体の一つ「Music:LX」の日本事務所代表ステファン・シャピュイさんは「ミシェルは、生まれ故郷のルクセンブルクで、クラシック音楽と、隣国フランス、ドイツ、ベルギーのジャズの影響を受けて自分のスタイルをつくりあげた。日本のみなさんに聞いていただきたい、新しい世代のヨーロッパのピアニスト」と話す。

 横浜公演は2月11日19時開演。料金3,500円。問い合わせは、KAMOME(TEL 045-662-5357)まで。そのほかの公演の詳細は、モークラウド・レコーズのホームページで。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?