野毛山動物園で世界最高齢フタコブラクダ「ツガル」さんの誕生日会

昨年のツガル誕生日会の様子

昨年のツガル誕生日会の様子

  •  

 横浜市立野毛山動物園(横浜市西区老松町63)で12月15日、「ツガルさん」の愛称で知られる、世界最高齢のフタコブラクダの誕生日会が行われる。

 ツガルは、青森県の観光牧場で生まれたメスのフタコブラクダ。1982年12月18日に野毛山動物園に来園した。2009年には、関節炎を患いながらも生命を全うしようとする姿が、高齢化の今の時代へのメッセージになっていると評価され、日本動物大賞「功労動物賞」を受賞。詳しい誕生日が不明のため、動物園では来園した12月18日を誕生日としている。

[広告]

 ツガルが今年38歳(推定)を迎えると、世界最高齢記録の更新になる。人間に換算すると100歳を越えるツガルは関節炎で前脚が完全に伸びず、普段は座っていることが多いが、餌の時間には前脚を折り曲げた状態で立ち上がり、来園者に元気な姿を見せている。健康維持のためにニンジンと一緒にサプリメント「コエンザイムQ10」を服用しており、昨年4月には同園の営業部長に就任した。

 当日は、フタコブラクダ展示場で、14時からツガルに手作りの特製バースデーケーキをプレゼントするほか、飼育係によるスペシャルガイドを行う。14日・15日には、動物園入口で各日先着250人に「ツガル オリジナルエコバッグ」をプレゼント。フタコブラクダ展示場付近では、ツガルへのお祝いの寄せ書きメッセージを募集している。

 同園飼育展示係の櫻堂由希子さんは「ツガルさんが、こうして38歳を元気に迎えられるのも、日頃から皆様がツガルさんのことを気にかけてくれているおかげ。野毛山動物園の『がばい婆ちゃん』をこれからも見守っていただければ」と話している。

 開園時間は9時30分~16時30分(入園は16時まで)。月曜休園(祝日の場合はその翌日)。入園料は無料。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?