新型コロナ関連速報7日:市2197人/県893…

食べる

大さん橋でヨーロッパワインイベント-50種類をバイザグラスで

ヨーロッパの高級ワイン50種類をバイザグラスで楽しめる

ヨーロッパの高級ワイン50種類をバイザグラスで楽しめる

  • 0

  •  

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)で、11月13日からワインイベント「ヨーロッパグルメ紀行フェア」が開催される。

[広告]

 ワイン専門商社「ピーロート・ジャパン」(東京都港区)によるワインイベント。来場者はイートインコーナーで本場のチーズや生ハムを楽しみながら、バイザグラスでヨーロッパの銘醸ワイン50種類を飲み比べることができる。

 ワインブースでは、ピーロートブルーカビネット(グラス500円、ボトル3,500円)、シャブリ特級「シャブリ ブランショ」(グラス1,000円、ボトル7,000円)、シャトー・マルゴー(グラス2,000円、ボトル66,000円)など、500円~2,000円のバイザグラス(1杯80ミリリットル目安)で提供。

 イートインコーナーでは、生産者直輸入のチーズ40種類、イタリアやスペインの生ハムやサラミ、6種類のキッシュ、鴨のテリーヌ、ドイツパンなどを店頭価格で販売する。平日限定の協賛イベントでは、カマンベールチーズ、パルマ産生ハム、ドイツパン・プレッツェル、赤ワイン・オーパスワン、オリーブの特別販売も。

 また、先着5,000人にワイングッズ(オリジナルガラストレー、ワインオープナー、ボトルストッパーなど)をプレゼントする。

 ピーロート・ジャパンのセールスマネジャーの浅野浩さんは「高級ワインが輸入元価格で楽しめるワインのお祭り。セール価格のイートインでは、本場の欧州を食べ歩きできる。一般店頭では入手できない銘柄ワインの無料試飲会もお楽しみいただけたら」と話している。

 会場は横浜港国際客船ターミナル2階 大さん橋CIQプラザ。開催時間は11時~21時(13日は13時から、17日は19時まで)。入場料は当日2,000円、前売1,000円(いずれも、1杯分のワインと大型ワイングラス1脚付)。11月17日まで。

 ピーロート・ジャパンはドイツの代表ワインメーカー「WIV」の日本法人として1969年に創立。現在はワイン専門商社として世界16カ国より1,500種類のアイテムを輸入・販売している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース