新型コロナ関連速報:市内6488人/県内136…

見る・遊ぶ

横浜みなとみらいホールで「ベトナム国立交響楽団演奏会」

ベトナム国立交響楽団

ベトナム国立交響楽団

  • 0

  •  

 横浜みなとみらいホール(横浜市西区みなとみらい2)で9月21日、ベトナム国立交響楽団によるコンサート「ベトナム国立交響楽団演奏会」が行われる。

[広告]

 同公演は、日本ベトナム友好年(日本ベトナム外交関係樹立40周年)と、横浜・ハノイのパートナー都市を記念した企画。横浜芸術アクション事業の一環で、今月20日に開幕する音楽フェスティバル「横浜音祭り2013」のプログラムとして行われる。

 ベトナムのクラシック音楽界には多くの日本人がかかわっており、指揮者の本名徹次さんは2001年からベトナム国立交響楽団(VNSO)のミュージック・アドバイザー兼指揮者を務め、2009年に音楽監督兼首席指揮者に就任。2010年に行われたハノイ建都1000年祭での「マーラー:千人の交響曲演奏」では、本名さんをはじめとする多くの日本人演奏家、日本人スタッフが協力し、日本とベトナムの友好関係に貢献した。

 プログラムは、日本を代表する作曲家・武満徹さんの初期の名作「弦楽のためのレクイエム」、世界初演となるベトナム人作曲家・グエン・ティエン・ダオさんのピアノ協奏曲「コンチェルトヴィーヴォ」、運命のタイトルで知られるベートーヴェン「交響曲第5番 ハ短調 op.67」。ピアノ演奏は、バッハからメシアンに至る幅広いレパートリーと表現で、パリを拠点に活動している児玉桃さん。

 同ホール総支配人の中村牧さんは「現在、アジアを中心とした各国の方々と音楽を通して相互理解を深める『パートナーシップ・ミュージック・プロジェクト』に取り組んでおり、この公演もそのひとつ。音楽の力も持ち寄って、ベトナムと日本との心地よい関係を多くの人に広げられれば」と話している。

 会場は横浜みなとみらいホール 大ホール。14時20分開場、15時開演。入場料はA席5,000円、B席3,500円。問い合わせは横浜みなとみらいホールチケットセンター(TEL 045-682-2000)まで。

 今回のオーケストラコンサートを皮切りに、3年越しの一大プロジェクトがまもなく始動する。同ホールで2014年1月に沼尻竜典さん作曲のオペラ「竹取物語」をコンサート形式で初演後、同作品を日本・ベトナム混成の出演者とスタッフで、ベトナム・ハノイ市のオペラハウスでオペラ形式の世界初演を行う(2015年1月予定)。

 横浜市は、2006年より成長著しいアジア諸都市との間で、対等互恵を基本とした新しい都市間提携の枠組み「パートナー都市」の提携を進めている。2007年11月にベトナムの首都ハノイ市と「パートナー都市」を提携。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース