新型コロナ関連速報28日:市内5人/県内7人

食べる

崎陽軒が横浜ベイクォーターにサンドイッチ店「ライチャス」出店

「RIGHTEOUS!(ライチャス)」の外観

「RIGHTEOUS!(ライチャス)」の外観

  • 0

  •  

 横浜ベイクォーター4階に4月1日、新感覚のサンドイッチ店「RIGHTEOUS!(ライチャス)」(横浜市神奈川区金港町1、TEL 045-441-0180)がオープンした。

中華風サンドに「パオ」、洋風サンドには「ライ麦パン」を使用

[広告]

 「ライチャス」は崎陽軒が展開する新業態店舗。同社が開発した新感覚のオリジナルサンドイッチを提供する。店内は木をベースにしたカジュアルな内装で、店舗面積は63.23平方メートル。席数は32席(カウンター含む)。20代~30代の女性をメーンターゲットとし、月700万円、年間8,400万円の売上げを目指す。

 サンドイッチは、中華風サンド4種、洋風サンド4種の計8種類。崎陽軒本店 総料理長・阿部義昭さんの考案レシピによる本格的な味わいで、注文後にオープンキッチンで調理し、作り立てを提供している。

 メニューは、健味鶏のローストサンド~ピリ辛アラビアータソース~(480円)、すっきり梅風味酢豚のサラダサンド(480円)、スモークサーモンと彩り野菜サンド(450円)、ぷりぷりエビチリサンド(480円)、ビール煮ポークとマッシュポテトサンド(480円)など。具材やパン生地にもこだわり、中華風サンドに中華パン「パオ」、洋風サンドには「ライ麦パン」を使用している。

 ニョッキやサラダ、スイーツなどのサイドメニューもあり、すべてのサンドイッチに300円の追加でポテトとドリンクがつく。

 崎陽軒 取締役の野並晃さんは「新業態店舗の展開は、崎陽軒の新たなチャレンジ。定番メニューのシウマイなどに頼らず、未来に向けてこれまでの崎陽軒にはなかった『新しい考え方』の店舗や商品を創造し、次世代の崎陽軒ファンをつくりたい。ライチャスの展開により、会社としての崎陽軒がさらに成長できれば」と話している。

 営業時間は11時~23時。テークアウトあり。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース