暮らす・働く

JRが石川町駅中華街口に「駅型保育園」ー鶴見駅・本郷台駅にも

「キディ石川町・横浜」(仮称)の施設内イメージ

「キディ石川町・横浜」(仮称)の施設内イメージ

  • 0

  •  

 JR東日本グループは4月1日、根岸線石川町駅近くの「キディ石川町・横浜(仮称)」(横浜市中区吉浜橋1)など市内3カ所に駅型保育園を開園する。駅型保育園とは、若い共働き世代などの子育ての支援を目的に、駅の高架下や隣接地などに作られる保育園のこと。

 今回開園する保育園「キディ石川町・横浜(仮称)」の設置は、JRの子育て支援を通じた沿線活性化事業「ハッピー チャイルド プロジェクト」の一環。横浜市の民間保育所の整備候補地を紹介する待機児童解消に向けた取り組み「保育所整備マッチング事業」を活用し、JR石川町駅中華街口の高架下にオープンする。園児の対象年齢は、生後3カ月からの未就学児童で、定員は60人(0歳3人、1歳10人、2歳11人、3歳12人、4歳12人、5歳12人)。

[広告]

 また、鶴見駅ビル「シァル鶴見」内に「P'sスマイル保育園(仮称)」(鶴見区鶴見中央1)、本郷台駅近くに「ベネッセチャイルドケアセンター本郷台(仮称)」(栄区小菅ケ谷1)も同時に開設する。いずれも、横浜市認可保育所となる予定。

 開園時間はいずれも平日7時~20時。入園に関する詳しい情報、問い合わせ先などは横浜市こども青少年局の保育所のホームページで確認できる。

 JR東日本横浜支社広報室では「駅近くに保育園があれば便利であるという発想から始まり、駅ビル内や駅周辺に保育園の開設をスタートした。現在は、仕事と子育ての両立を目指す皆さまのライフスタイルを支えるとともに、安心して楽しく子育てが出来る暮らしやすい沿線づくりの実現に向けて、さまざまな子育て支援施設の開設に積極的に取組んでいる」と話している。

 JR東日本の子育て支援事業「ハッピー チャイルド プロジェクト」は、駅型保育園、駅型学童、親子コミュニティカフェなどの施設開設に加え、親子で参加できるイベントの開催などを通じて、子育て中の家庭を支援するもので、これまでに神奈川県内に9カ所の子育て支援施設を開設している。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?