天気予報

24

12

みん経トピックス

横浜中華街で「春節」横浜にスタンピングネイル店

馬車道の古道具・雑貨屋兼ギャラリーで岩永かおるさん個展「たねをまく」

馬車道の古道具・雑貨屋兼ギャラリーで岩永かおるさん個展「たねをまく」

岩永かおるさん

写真を拡大 地図を拡大

 古道具や雑貨を扱うショップ兼ギャラリースペース「Tur aus Holz von neben Strand(トゥアー アルス ホルツ フォン ネーベン シュトランド)」(横浜市中区北仲通4)で2月5日から、作家・岩永かおるさんの個展「たねをまく」が開催されている。

古道具などと一緒に展示されている岩永かおるさんのコースターの作品

 岩永かおるさんは、1986年横浜市生まれ。東北芸術工科大学洋画コースを卒業後、「BankART Studio NYK」(中区海岸通)や「ハンマーヘッドスタジオ 新・港区」(中区新港)などで、内面のイメージから生まれた植物をモチーフにした作品制作を行ってきた。

 今回は、昨年から制作してきた新作絵画10点に加え、コースターと寄せ植えを会場の商品に合わせて展示・販売。2月10日には、ミニパーティー「ART×EAT」(15時~19時)を開催し、Tur aus Holz代表の内藤正雄さんによるフードと、ハンマーヘッドスタジオで活動している美術家・阿部静さんとのパフォーマンスが楽しめる。

 岩永さんは「見る人の気持ちが上がる、元気が出るようなエネルギーある表現を大事にしている。一つ一つの作品を、新しい植物を生み出すようなイメージで、『たねをまく』というタイトルにした」と話している。

 営業時間は12時~17時(2月11日は休み)。入場無料。2月16日まで。

 「Tur aus Holz von neben Strand」は、地下鉄みなとみらい線馬車道駅近くの万国貿易ビルディング3階の2部屋を使い、2012年6月6日にオープン。横浜や沖縄、都内で飲食店の立ち上げやアートイベントの企画・プロデュースなどを幅広く手がけてきたオーナーの内藤正雄さんがヨーロッパなどから仕入れた古道具や雑貨を販売している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

普段着としての楽しい着物を普及することを目的に活動する任意団体「きものDE交流」は4月30日、元町・中華街エリアで着物で街に繰り出す交流会「きものDE交流~着物で街を埋め尽くせ」を開催する。交流会は今回で35回目で横浜での開催は初。これまでの参加者は延べ1,500人を超える。代表の木口郁瑠さんは「着物を愛する方々や、着物に興味のある方々のために、着る場所・機会・仲間・知識・着付け、と必要なものは全てそろえている。『着物を体験してみたいな!』と思ったその時に気軽に参加してもらえれば」と話している。集合は14時にアメリカ山公園。参加費無料。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング