暮らす・働く 学ぶ・知る

みなとみらいで「ヨコハマ環境行動フェスタ」-ヨコハマbフェス連携企画

「よこはま環境行動フェスタ2011」の様子

「よこはま環境行動フェスタ2011」の様子

  • 0

  •  

 クイーンズスクエア横浜のクイーンズサークルおよびクイーンズパーク(横浜市西区みなとみらい2)で11月3日、「ヨコハマ環境行動フェスタ2012」が開催される。主催は横浜市環境創造局。

[広告]

 同イベントでは、ワークショップなどを交え、環境保全活動を親しみやすく紹介し、環境について考えるきっかけになることを目標に開催。横浜市が生物多様性の普及啓発キャンペーンとして、10月から11月にかけて実施している「ヨコハマbフェスティバル2012」の連携イベントとして開かれる。

 イベントはクイーンズパークでのワークショップブース、クイーンズサークルでのステージイベントに分かれる。ステージイベントではズーラシアを中心に、横浜の動物園のPRや、こども「エコ活。」大作戦!2012の結果発表、2012年ミス日本「水の天使」酒井美帆さんによる横浜の下水道の歴史紹介を予定している。

 ワークショップブースでは、NTT東日本神奈川支店による「Hama Boom Boom!プロジェクト」で採れたハチミツのテイスティングや、NPO法人「アース・エコ」による太陽光パネルと手回し発電機で生成された電気による模型の電車の走行など、さまざまな工夫で環境問題をより親しみやすく考える企画が用意されている。また、森や海の自然素材を使っての工作や、国産製材を使ってのマイ箸の作成などのワークショップも予定。

 開催時間はステージイベント=13時~17時30分、ワークショップブース=11時~16時。

 横浜市環境創造局政策課の本多宏行さんは「参加団体の方々には、工作やクイズなど、ふらっと立ち寄った人が気軽に楽しめるようなブースを準備していただいた。環境活動に興味がない方にも楽しめるイベントだと思うので、ぜひ立ち寄っていただきたい」と話している。

 また、みなとみらいでは「ヨコハマbフェスティバル2012」関連イベントを同時開催する。

 クイーンズスクエア横浜クイーンモールでは、横浜市環境創造局が生物多様性についての将来像や現在の取り組みについて話し合う「生物多様性自治体ネットワーク開催記念ミニフォーラム」を開催。基調講演として、涌井史郎さんが「地域から始まる生物多様性~ネットワークをつくる意義~」というテーマで登壇する。開催時間は10時40分~12時。

 はまぎんホール・ヴァイマーレ(西区みなとみらい3)では「第2回生物多様性全国ミーティング」を開催。主催は「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)および環境省。

 UNDB-Jに参画する全国の活動団体が一堂に会し、各事業の紹介、MY行動宣言の展開に加え、6団体の優良事例を発表する。司会はFMヨコハマの番組「E-ne!(イーネ)~good for you~」パーソナリティーMITSUMIさん。開催時間は13時30分~17時30分。

 各イベントはすべて入場無料。「生物多様性ミニフォーラム」と「第2回生物多様性全国ミーティング」は、現在ホームページで参加申込を受け付けている。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース