新型コロナ関連速報21日:市680人/県181…

見る・遊ぶ

横浜で振付家・きたまりさん公演「ちっさいのん、おっきいのん、ふっといのん」

「ちっさいのん、おっきいのん、ふっといのん」公演の様子(photo:Ayako Abe)

「ちっさいのん、おっきいのん、ふっといのん」公演の様子(photo:Ayako Abe)

  • 0

  •  

 横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜市中区新港1)で10月13日と14日、振付家・きたまりさんの新作公演、YRBWダンスプロジェクトVol.10「ちっさいのん、おっきいのん、ふっといのん」が行われる。

[広告]

 横浜赤レンガ倉庫1号館のコンテンポラリー・ダンスフェスティバル「横浜ダンスコレクションR2010」で「未来へはばたく横浜賞」を受賞したきたさんの関東圏初の単独公演。

 きたさんは、京都を拠点に活動しているダンサー・振付家・演出家で、ダンスカンパニー「KIKIKIKIKIKI」主宰。今回は、2011年に京都国際舞台芸術祭で共同製作した作品「ちっさいのん、おっきいのん、ふっといのん」を上演する。

 出演者は、KIKIKIKIKIKIのメンバー3人(きたさん、野渕杏子さん、花本有加さん)。同作は3人のブログを元に制作したオリジナル作品で、「ちっちゃい」「おっきい」「ふとっちょ」という身体的特徴をもった3人のパフォーマーたちが、言葉と身体のはざまで舞台上に新たなイメージ(=人物像)をたち上げる。

 13日の公演終了後には、作家・ヤサぐれ舞踊評論家の乗越たかおさんをゲストに迎えたアフタートークを実施する。

 横浜赤レンガ倉庫1号館の谷峻哉さんは「普段は京都をベースに、演劇、舞踏、コンテンポラリーと幅広く創作活動を行っているきたまりさんの単独公演。今回は京都版をさらにブラッシュアップし、横浜バージョンにアレンジ。アフタートークは会場をロビーに移し、お客さんとの距離が近いフランクな内容を予定している」と話している。

 会場は横浜赤レンガ倉庫1号館 3階ホール。10月13日=18時開演、14日=15時開演。チケットは前売=一般3,200円・学生2,200円、当日=一般3,500円・学生2,500円。問い合わせは横浜赤レンガ倉庫1号館(TEL 045-211-1515)まで。

 きたまりさんは、舞踏家・由良部正美さんの元で踊り始め、2001年から2005年まで「千日前青空ダンス倶楽部」のダンサー(芸名・すずめ)として6カ国13都市の公演に参加。2003年にダンスカンパニー「KIKIKIKIKIKI」を設立した。以後、主宰・振付家・ダンサーとして創作を重ね、2006年に京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。2010年の横浜ダンスコレクションRではソロダンス「女生徒」で「未来へはばたく横浜賞」を受賞。同公演は、京都芸術センター制作支援事業、横浜市のプロモーションキャンペーン「Open Yokohama2012」、ダンスフェスティバル「Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2012」として行われる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース