新型コロナ関連速報10日:市内で5293人を確…

見る・遊ぶ

東神奈川「パンタグラフ」で彫刻家・篠田守男さん個展

篠田守男さんの代表作シリーズ「Tension & Compression」の新旧作品が展示される

篠田守男さんの代表作シリーズ「Tension & Compression」の新旧作品が展示される

  • 0

  •  

 パンタグラフ(横浜市神奈川区神奈川2)で、8月29日から「篠田守男展」が開催される。

[広告]

 篠田さんは、1931年東京生まれの彫刻家で、筑波大学名誉教授。鋼鉄線の張力と圧力で金属塊を中空に固定させるTC(Tension and Compression)シリーズで知られる金属彫刻で、奇妙で不思議な空間を創出する。1966年にはベネチア・ビエンナーレに出品し、第9回高村光太郎賞を受賞。以後さまざまな賞を受賞し、2000年には国際彫刻センター優秀彫刻教育者賞をアジア人として初受賞した。

 今回は大小合わせて10点以上の新旧作品をパンタグラフとギャラリーカフェ「喫茶コマドリ」で展示。期間中は展示作品の販売も行う。

 パンタグラフは、広告美術や立体アニメーションの制作を行うアーティストユニットで、1998年に共同アトリエ「studio BIG ART(スタジオ・ビッグアート)」として活動を開始。2007年に名称を「PANTOGRAPH」と改名し、立体造形工房、シェアアトリエ、撮影スタジオの運営を開始した。ユニット名と同名の撮影スタジオはアーティストやクリエーターが入居するビルの1階で、ギャラリーとしても活用している。

 パンタグラフのメンバーは、3人が篠田さんが教えていた筑波大学の総合造形コース出身。展示担当の江口拓人さんは「3人とも直接篠田先生から教わってはいませんが、81歳を迎えての新作発表ということで、親しくさせていただいていた縁で、今回の個展を開催する運びとなりました。喫茶コマドリでも、展示に合わせたお菓子を提供する予定です」と話している。

 また、9月2日には、篠田さんのほか、筑波大学の教え子であるアート・ユニット「明和電機」代表の土佐信道さんとメディアアーティストのクワクボリョウタさんを迎えた限定トークイベントを開催(15時~17時、受付終了)。一部をユーストリームで配信する。

 開場時間は11時~19時。入場無料。オープニングレセプションは8月29日19時から。9月9日まで(月曜・火曜休廊)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース