食べる

ポンパドウルが「横濱コロネ」を限定発売-ベーカリー世界大会優勝記念

ポンパドウル「横濱コロネ」

ポンパドウル「横濱コロネ」

  •  
  •  

 3月4日から7日にフランスのパリで開催されたベーカリー・ワールドカップ「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリー2012」で、日本代表チームが10年ぶり2度目の優勝を飾った。

 同大会は、フランスのMOF(国家最優秀職人)が軸となり設立された手作りパン振興会が主催するベーカリーのワールドカップ。1992年に始まり、現在ではフランスで3年に1度開催されている。世界12カ国から出場する選手団は、3人1チームで「パン部門」「ヴィエノワズリー部門」「飾りパン部門」を担当。与えられたブースと限られた材料の中で、規定の品目を8時間以内に仕上げ、その技術やスピード、芸術性を競う。

[広告]

 日本代表チームのメンバーは、2009年の日本国内最終予選会で「ヴィエノワズリー部門」日本代表に選ばれたポンパドウル製品開発課主任の佐々木卓也さん、「飾りパン部門」日本代表の畑仲尉夫さん(神戸屋レストラン)、「パン部門」日本代表の長田有起さん(神戸屋レストラン)。日本チームは「絆(きずな)」をテーマに「鶴」をイメージしたピエスを製作し、その芸術性や味が高く評価され、優勝を獲得した。

 ポンパドウル(横浜市中区元町4)では、日本代表チームの受賞を記念し、佐々木さんが過去に考案した商品3種類を期間限定で販売している。

 商品は、横浜・馬車道発祥とされるアイスクリームをイメージした、素朴で懐かしい味わいのカスタードクリームを絞ったコロネ「横濱コロネ」(157円)、バターとグラニュー糖を生地に折り込んで焼きあげたフランス・ブルターニュ地方の郷土菓子「クイニャマン」(630円)、辰(たつ)をイメージして焼きあげた干支パン「辰のパン」(157円)。

 販売は全国のポンパドウル80店舗。3月31日まで。

 ポンパドウル 販売促進課広報担当の金子晶子さんは「日本代表チームは大会3日目の3月6日に出場し、参加12カ国の中でも作業の正確さ、芸術性、スピード、チームワークが高く評価され、2002年以来2回目の優勝を果たしました。皆様のご声援ありがとうございました。期間限定で発売する佐々木卓也さんの考案商品をお楽しみください」と話す。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?