新型コロナ関連速報5日:市内3人を確認

見る・遊ぶ

横浜で3D映像上映会「Quality3D」-「ビジュアルメディアEXPO」も

「Quality3D 2011」(イメージ)

「Quality3D 2011」(イメージ)

  • 0

  •  

 横浜ワールドポーターズ(横浜市中区新港2)で12月8日、3D上映イベント「Quality3D(クオリティ・スリーディー)2011」が行われる。

[広告]

 今年で2回目の開催となり、国内外から集めた映画、大型映像、PV(プロモーションビデオ)、TV-CM、個人作品などを劇場で公開する。主催はデジタルコンテンツ制作会社のデジタル・キャンプ。

 当日は、3D映像作品の上映とともに、映像クリエーターの大口孝之さん(ジャーナリスト)らをゲストに迎え、映像制作者やシアター関係者、配給、放送、映像研究者、クリエーターを対象にしたトークセッションを行う。

 上映作品は、「スター・ウォーズEP? 3D」トレイラー、「friends もののけ島のナキ」トレイラー、「タンタンの冒険」トレイラー、「THE世界遺産3D GRAND TOUR」ダイジェスト版、「LunarTopography」、「Thirty Meter Telescope」、「Peach」、「3D東日本大震災 津波の傷跡」フルバージョン、「The 24/7 TOKYO」、「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」ダイジスト版、「2011 J1 3D生中継」、「ラトル指揮 ベルリン・フィル3D 音楽の旅」トレイラー、「タンタンの冒険」トレイラーほか。上映プログラムの変更もあり。

 デジタルキャンプ!代表の渡部健司さんは「3Dのコンテンツの普及の鍵は、驚きや、ワクワク感、楽しさを本当に体感してもらう事だと思います。今回も3D映像作品の上映とともに、専門家によるレクチャーと、日本でユニークなコンテンツを制作しているクリエーターの制作プロセス、考え方についてご紹介します」と話す。

 会場は横浜ワールドポーターズ5階ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらい スクリーン1。開催時間は16時~18時20分。定員150人。入場料は事前予約2,800円、当日3,000円。申し込みはホームページで。

 パシフィコ横浜(西区みなとみらい1)では、12月7日から9日まで、立体映像をはじめとした映像システム・機器・コンテンツを展示する「ビジュアルメディアEXPO 2011」が開催されている。企業やクリエーターによる作品を上映する「3Dシアター」、デジタルサイネージ、セールスプロモーションの運用事例や映画におけるCGやVFX技術事例を紹介するセミナーを実施。9日は、ハリウッドや韓国、日本のプレビズの専門クリエーターを招き、プレビズの可能性を探るセミナー「ハリウッドのプレビズ最先端 -日米アジアの現状-」を行う。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース