新型コロナ関連速報:市2386人/県8184人

学ぶ・知る

横浜マリンタワーがチャリティー・ライトアップ-復興に祈りを

横浜マリンタワーは、期間限定で「日の丸」をイメージした紅白のライトアップを行っている

横浜マリンタワーは、期間限定で「日の丸」をイメージした紅白のライトアップを行っている

  • 0

  •  

 横浜マリンタワー(横浜市中区山下町15)は4月15日より、チャリティー・ライトアップを実施している。

[広告]

 同タワーは東日本大地震の発生後、通常のライトアップを自粛していたが、期間限定で日本の復興および被災地の復興を祈るライトアップをLED照明を利用して行う。

 ニューヨークのエンパイア・ステートビルをはじめ、カナダのCNタワー、マレーシアのKLタワーなど、7カ国8つの高層ビルが、震災の犠牲者に追悼の意を表し、被災地への支援を目的に実施した「日の丸」をイメージした紅白のライトアップを横浜マリンタワーでも実施する。

 実施期間は4月15日から28日の2週間で、点灯時間は展望フロアの営業時間に合わせる(平日は19時30分、土曜・日曜・祝日は21時30分まで)。

 期間中は展望フロア入場料の半分を義援金としてNPO法人チャリティー・プラットホーム(東京都港区)へ寄付する。

 横浜マリンタワーの冠木毅さんは「横浜マリンタワーは、皆様からいただいた情報も含め、内部協議を進めた結果、チャリティー・ライトアップとして期間限定で点灯を再開します。今後も引き続き、被災された方々への支援活動や節電に努めて参ります」と話している。

 展望フロアの入場料は大人750円、中高生500円、小学生250円、幼児(3歳以上)200円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース