新型コロナ関連速報:市637人/県1859人

見る・遊ぶ

横浜市営地下鉄がプロスポーツ開幕応援企画-キャラクターも登場

「開幕ダッシュキャンペーン」のキックオフを祝い、市営地下鉄関内駅にマスコットキャラクターが登場。前方中央「はまりん」、後方左から「マリノスケ」「ホッシー」「フリ丸」。

「開幕ダッシュキャンペーン」のキックオフを祝い、市営地下鉄関内駅にマスコットキャラクターが登場。前方中央「はまりん」、後方左から「マリノスケ」「ホッシー」「フリ丸」。

  • 0

  •  

 横浜市交通局と横浜熱闘倶楽部は2月16日より、地元プロスポーツのシーズン開幕を応援する「地下鉄に乗ってスタジアムに行こう」を実施している。

[広告]

 同企画では、横浜ベイスターズと横浜F・マリノス、横浜FCの開幕を多くの市民に広めることを目的とした「開幕ダッシュキャンペーン」を行う。

 期間中はキャンペーンの一環としてスタンプラリーを実施。スタンプは全7種類あり、市営地下鉄3駅のスタンプを集めると、3チームの観戦チケットがそれぞれ25組50人に当たる。対象駅はホームスタジアム最寄り駅(関内駅、三ツ沢上町駅、新横浜駅)、センター南駅、上大岡駅、戸塚駅、中山駅の改札口近く。実施期間は2月16日から28日。応募締切は3月3日。

 また、横浜市交通局のマスコットキャラクター「はまりん」をデザインした「はまりん号」に横浜熱闘倶楽部と3チームのポスターを掲示する。

 2月16日は同キャンペーンのキックオフを祝い、「ホッシー」(横浜ベイスターズ)、「マリノスケ」(横浜F・マリノス)、「フリ丸」(横浜FC)3チームのマスコットキャラクターが関内駅に登場し、スタンプラリーカードに1つ目のスタンプを押印。その後、応援に駆けつけた「はまりん」に見送られながらあざみ野方面行き「はまりん号」に乗車し、開幕のPR活動を行いながら新横浜駅までの電車の旅を楽しんだ。

 キャラクターたちは関内駅ホームで学校帰りの学生や児童らの注目を集め、「がんばってね」と声を掛けられ、うれしそうに記念撮影する姿も。

 ホーム開幕戦は横浜ベイスターズが3月29日(対東京ヤクルト)、横浜F・マリノス=3月13日(対川崎)、横浜FC=3月6日(対富山)。

 横浜熱闘倶楽部は1995年2月、市民とともに地元プロスポーツチームの支援を行い、市民が誇れるプロスポーツチームが育つまちの実現を目指し、市内各界各層の関係者によって設立された。横浜ならではの応援連合体として、チームの応援をはじめ、観戦機会の提供や市民とチームの交流促進を図っている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース