食べる

関内にマジックエンターテインメントレストラン「アウル」

マジックエンターテインメントレストラン「OWL-アウル-」店内の様子

マジックエンターテインメントレストラン「OWL-アウル-」店内の様子

  •  
  •  

 関内にマジックエンターテインメントレストラン「OWL-アウル-」(横浜市中区山下町223、TEL 045-228-7195)がオープンした。

 同店は、ベテランマジシャンによるステージマジックやジャグリング、ダンスなど、本格的なパフォーマンスを楽しめるエンターテインメントレストラン。

[広告]

 ブルーと白を基調にした開放的な店内で、約6×5メートルのステージを備える。2次会や宴会の演出に利用できるスモークマシンやアイスマシーンを用意し、席数は80席(カウンター8席、テーブル72席)。店舗面積は300平方メートル。

 ランチタイム、ディナータイムの営業で、ディナータイムにはチャージ料2,000円でテーブルマジックとステージショーを鑑賞することができる。

 同店のおすすめメニューは、「フォアグラ入りレバーパテ」(750円)、「インカの目覚めコロッケ トリュフソース添え」(980円)、「三浦地野菜のフリット」(900円)、「タコのセビチェ」(980円)、「ハモンイベリコベジョータ」(1,900円)、「三浦地野菜のバーニャカウダ」(1,080円)、「シーフードトマトリゾット」(1,200円)、「特選松坂牛ステーキ わさび醤油で」(6,500円)、「ガーリックとアンチョビのピザ」(1,180円)など。 

 店内のBARカウンターでは100種類以上のアルコールが楽しめ、フレアバーテンダ―がリクエストに応じてカクテルパフォーマンスを披露する。

 マジシャンで副店長の村岡涼さんは「パフォーマンスはもちろん、数々の有名レストランで修業をつんだシェフが作る創作料理は必見です。今までにないエンターテインメントで横浜の夜を演出してみては」と話す。

 営業時間はランチ=11時~15時、ディナー=18時~24時。NU関内ビル地下1階。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?