食べる

桜木町に缶詰バー「キンコンカン」-缶詰80種類・焼酎100種類

缶詰商品は皿に盛られ、付け合わせとともに提供される

缶詰商品は皿に盛られ、付け合わせとともに提供される

  •  
  •  

 中区花咲町に12月1日、飲食店「缶詰BAR キンコンカン」(横浜市中区花咲町2、TEL 045-241-9550)がオープンした。

 同店は、缶詰とこだわりの焼酎や清酒、梅酒を提供するバー。BGMは1970年代の洋楽や日本のフォークソングを流し、和洋折衷な空間を演出している。スタンドテーブルを設け、カウンター席は14席、店舗面積は約10坪。

[広告]

 店内には、7色のシールで商品の価格帯(300円~900円)を表した「缶詰・焼酎ドリンク価格表」を掲示。商品(缶詰・ドリンク)に貼られたシールの色で値段を確認することができる。

 缶詰は300円の「鯖味噌煮」をはじめ、清水もつカレー総研公認の豚もつのカレー煮込み「清水もつカレー」(800円)、サンフェース印の京都 竹中缶詰「オイルサーディン いわし油漬」(800円)、三陸沖どり「いか丸ごと 醤油味付 いかすみ入」(800円)など。おつまみ(肉・魚・カレーなど)からビスケット、果物まで約80種類の缶詰をそろえる。

 焼酎は1杯380円~990円。本格芋焼酎「霧島(黒・白)」(380円)や、黒麹かめつぼ仕込み「かねきょうかんろ」(380円)、年に一度の限定入荷焼酎まで、宮崎や鹿児島の蔵元から仕入れた約100種類の焼酎を提供する。

 ドリンクはそのほか、清酒や梅酒、ワイン、ビール、ハイボールなど。「芋焼酎アイス」(400円)や「マンゴーシャーベット」(400円)などのデザートも用意する。

 同店の川﨑直子さんは「缶詰バーというとお酒の種類が少ないイメージもありますが、キンコンカンでは選りすぐりのさまざまな焼酎や清酒、梅酒をお楽しみいただけます。缶詰には野菜などを付け合わせ、ひと手間かけた一品料理スタイルでご提供します。おいしい缶詰を、おいしいお酒で味わっていただければ」と話す。

 営業時間は17時~24時。日曜定休。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?