3密を避けて新しい生活様式へ!

横浜中華街「美食節・新作メニュー発表会」グランプリが決定

受賞した中華街の料理店の方々と横浜中華街発展会協同組合の林兼正理事長

受賞した中華街の料理店の方々と横浜中華街発展会協同組合の林兼正理事長

  • 0

  •  

ローズホテル横浜(中区山下町77)で11月29日、横浜中華街の店舗19店が工夫を凝らした料理を競う「新作メニュー発表会」が行われ、重慶飯店 新館の「海鮮と五目野菜の包み揚げ」がグランプリに選ばれた。

 発表会は、食の祭典「第3回 美食節 横濱中華街フ-ドフェスティバル」の一環で、中華街の19店による新作料理を日本フードアナリスト協会のメンバーと一般審査員が審査し、グランプリを決めた。参加店舗は、廣東飯店、重慶飯店 別館、重慶飯店 本館、状元樓 横濱本店、萬珍樓、萬珍樓 點心舗、錦臨門、千禧楼、金香楼、天香楼、小尾羊、景珍楼、同發 別館、北京飯店、慶福楼 市場通り店、重慶飯店新館、重慶茶樓 本店、福満園別館、謝朋酒樓。

[広告]

 グランプリに選ばれた重慶飯店 新館の「海鮮と五目野菜の包み揚げ」は、鶏肉、金華ハム、エビ、なまこ、上海がに、クワイ、マッシュルーム、たけのこ、香菜などのたくさんの具を網油で揚げ、山椒とサルサソースをかけてピリ辛に仕上げた創作メニュー。

 準グランプリには、北京飯店の「ダブル帆立ソースとクワイの卵白ソース
」と状元樓 横濱本店の「芝海老と自家製ラー油のエスニック仕立て」、一般審査員の投票による「美食節賞」には、萬珍樓 點心舗の「茄子とイベリコ豚の踊り炒め」が選ばれた。

 審査をした日本フードアナリスト協会の横井裕之理事長は「独創性、盛りつけ、将来性、素材のこだわりなどの観点での専門家の評価と、会場の投票で審査をした。今年で3回目だが、年々レベルが上がってきている。最高点をとった重慶飯店新館の料理は華やかな盛りつけと、豪華な食材。複雑に絡み合ったうま味などが高く評価された」と話している。

 「美食節」は、中華街の食文化の発信を目的としたイベントで、「伝統と未来へ」をテーマに、2008年から開催されている。主催は1972年に発足した横浜中華街発展会協同組合。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?