新型コロナ関連速報:市内2355人を確認

横浜老舗ブランドが集まる「横浜モノ物語」-そごう横浜25周年

「横濱スカーフ」

「横濱スカーフ」

  • 0

  •  

 そごう横浜店(横浜市西区高島2)で9月14日より、そごう横浜店開店25周年を記念したイベント「横浜モノ物語」が開催されている。

[広告]

 会期中は、横浜・神奈川の老舗ブランドとコラボレーションした商品や横浜から生まれたアイテムの紹介を通して「横浜」をクローズアップ。元町本店でのみ販売する限定商品、そごう横浜店限定商品の販売をはじめ、トークショーや料理ライブなどを行う。

 商品は、明治15年創業「キタムラ」のショルダーバッグ(15,000円)、大正12年創業「ミハマ」のパンプス(30,450円)、昭和49年創業「CHARMY」のペンダント(33,600円)、昭和21年創業「フクゾー」のフード型レインコート(45,150円)、明治34年創業「近沢レース」のテーブルセンター(31,500円)ほか。

 横浜開港以来、横浜に「はじめて」登場した、「伝統・横濱スカーフ」(各10,500円)、日本初のせっけんの復刻版「磯右ヱ門」(1個630円、3個セット1,890円)、「できたて横濱馬車道あいす(カスタード)」(1カップ290円)、カクテル「ミリオンダラー」(1,600円)。そのほか、日本初のケチャップを再現し、宮内庁御用達にもなった「清水屋のケチャップ」(1瓶750円)、「美濃屋あられ製造本舗」のスパゲッティナポリタンを再現したあられ「横浜ナポリタン」(1袋368円)も特別販売する。

 地下2階クッキングステーションでは、「横浜ビール ビール造りと地ビール飲み比べライブ」「タカナシ乳業 手作りお菓子教室」など、横浜ブランドの商品を使った料理ライブを実施。9月17日には、「横濱スカーフ」製造元が横濱スカーフの歴史や着こなし方、スカーフが出来るまでの工程を語るスペシャルトークショーも(地下1階特設会場)。

 そごう横浜店販売促進部の花岡陽子さんは「そごう横浜店は今年の秋、開店25周年を迎えます。これからも地元に愛されている横浜の財産でもある『横浜ブランド』や『横浜から生まれた商品』とともに歩んでいきたいと考えています。10階レストランの一部店舗では横浜発祥メニューフェアも実施中です。このフェアを通じて『横浜』を更に身近に感じていただければと思います」と話す。

 会場はそごう横浜店・各階対象売場。開催時間は10時~20時。9月27日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース