ぷかり桟橋発「工場萌えクルーズ」-製鉄コースと化学プラントコース

「工場萌えクルーズ」より、林立する塔型の構造物

「工場萌えクルーズ」より、林立する塔型の構造物

  •  
  •  

 ティー・ゲート(東京都千代田区)が主催する京浜工業地帯の工場を巡る「工場萌え(もえ)クルーズ」が人気を呼んでいる。

 同クルーズは昨年から運航を開始。全面オープンテラスのキャビン屋上を持つクルーズ船でゆっくりとコンビナートを進みながら、間近に迫る圧倒的な工場景観や雰囲気を楽しむというもの。工場愛好家の石井哲さんと大山顕さんがコース選定やガイドパンフレットの作成に携わっている。

[広告]

 コースは「製鉄コース」と「化学プラントコース」の2コース。ガイドは工場萌え芸人「カオポイント」のおくまんさん。化学プラントコースにはお笑いコンビ「ザ・ベビースターズ」の城田晃久さんが加わる。

 製鉄コースは、JFEスチールなどの高炉を中心に巡る。運航日は8月28日、9月18日、9月23日。化学プラントコースはタンクや搭乗構造物など複雑な構造美を持つ化学プラントをまわる。運航日は8月19日、9月12日、9月20日、10月12日、10月20日。各日15時(8月19日は18時30分、8月28日は16時30分)に、ぷかり桟橋を出航。所要時間は約2時間30分。

 ティー・ゲートエリア商品開発部の船越通暁さんは「『製鉄コース』のメーンイベント『JFEスチール』の外観は圧巻で、見る人をひきつけます。また、東亜石油の水江工場の複雑な構造物は『本当にこれは別の目的(製油)のために造られた建物なのだろうか』と感じさせられるほど造形が印象的です。夕暮時は工場群がライトアップされて、昼とはまた違った美しさをかもし出します」と話す。

 料金は4,000円(小学生=3,000円、小学生未満は無料で2人以上は子ども料金)。ワンドリンク付き。最大募集人数は60人。定員になり次第締め切り。貸し切りの場合は料金15万円で、随時運航(8月21日、8月22日、8月29日、9月11日を除く)。詳細・申し込みはティー・ゲート公式ホームページから。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?