J&Bで映画「キャタピラー」-舞台挨拶に若松孝二監督、寺島しのぶさんら

8月14日に行われた舞台挨拶の様子(左より、若松孝二監督、寺島しのぶさん、大西信満さん、篠原勝之さん)

8月14日に行われた舞台挨拶の様子(左より、若松孝二監督、寺島しのぶさん、大西信満さん、篠原勝之さん)

  • 0

  •  

 シネマ・ジャック&ベティ(横浜市中区若葉町3)で8月14日、2010年ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した寺島しのぶさん主演の映画「キャタピラー」の横浜独占上映がスタートした。

 キャタピラー(若松プロダクション・スコーレ)は、1960年代の日米安保反対闘争から72年「あさま山荘の銃撃戦」に至る若者たちの生き様を描いた映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」など、独特の視点で作品を手掛ける若松孝二監督の最新作。戦争の愚かさと悲しみを描いた反戦ドラマで、太平洋戦争のさなかに手足を失い帰還した傷病兵とその妻の姿が描かれている。

[広告]

 初日8月14日は、上映前後に2回舞台挨拶を実施。19時の回上映前に若松監督を筆頭に寺島さん、大西信満さん、篠原勝之さんが登場すると、会場から大きな拍手がわき起こった。

 「正義のための戦争が、どこにあるのか」という叫びを同作品に込めた若松監督は、立ち見を含むファンで埋め尽くされた満員の劇場を見て喜びを表し、「最近は若い人が映画を見なくなっているが、特に若い人に見てほしい。若いうちにこのような映画を見ることで、少しでも『戦争とはなにか』と考えられるのではないかと思う」。

 帰還した傷病兵の夫を演じた大西さんは「当時は特殊なケースではなく、実際にこのような人たちがいたのだと重く受け止めて必死で演じた」と撮影を振り返った。

 妻シゲ子役を熱演し、同作で第60回ベルリン国際映画祭コンペティション部門の銀熊賞最優秀女優賞受賞を受賞した寺島さんは「こんなに多くの方にお集まりいただいて、本当に感激している。この作品が、なにか皆さんの心に残る映画であることを願う。撮影の12日間、スタッフの方を含む全員が一生懸命やった。今日は本当にありがとう」と挨拶。

 同館では現在「キャタピラー」公開記念として、作品「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」のリバイバル上映を行っている(8月27日まで)。

 シネマ・ジャック&ベティの梶原俊幸支配人は「今日は、東京の封切りで舞台挨拶を終えられた後、わざわざ横浜の映画ファンのために若松監督らみなさんがジャック&ベティに来て下さいました。キャタピラーは9月いっぱいは上映する予定ですので、映画をご覧になった方はぜひ多くの方にお声掛けいただきたい」と話した。

 チケットは一般1,300円、学生・シニア1,000円、高校生以下500円。上映終了日は未定(9月末までは上映決定)。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?