パシフィコ横浜でサマーコンファレンス-「世界に輝く日本」に向けて

7月22日の会頭記者発表会で挨拶する日本青年会議所、第59代会頭の相澤弥一郎さん

7月22日の会頭記者発表会で挨拶する日本青年会議所、第59代会頭の相澤弥一郎さん

  • 0

  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で7月24日と25日、日本青年会議所主催の「サマーコンファレンス2010」が開催される。

 サマーコンファレンス(サマコン)は、全国の日本青年会議所(JC)が行う運動を市民や企業などに広く発信するイベント。「明るい豊かな社会」の実現を目指すため、各界を代表する著名な講師を招き、「人づくり」「地域づくり」「国家づくり」を柱にさまざまなフォーラムやセミナーを行い、今の日本や地域が抱える問題とその解決の糸口を共に議論する

[広告]

 今年のテーマは、「時代を切り拓く!NEXT STAGEへ~私たちの選択から『世界に輝く日本』に向けて~」。

 24日の「メインフォーラムI」は、「世界に輝く『NEXT STAGE』へ!~ニッポンの危機を打ち破り、輝ける未来(あした)を創る!~」と題し、元航空幕僚長の田母神俊雄さん、徳川家広さん(翻訳家、作家、政治・経済評論家)、衆議院議員(民主党)の細野豪志さん、池田健三郎さん(経済評論家、政策アナリスト、浜松大学国際経済学部講師)の4人が、「一人ひとりにできること」の実践が未来をつくることにつながることを伝える。

 25日「メインフォーラムII」では、テーマ「輝く地域の創造!~NEXT STAGEへの確かな光~」のもと、楠田枝里子さん(フリーアナウンサー、エッセイスト)、フリーキャスターの木村太郎さん、農林水産省大臣官房政策課企画官の木村俊昭さんが講師を務め、成功と失敗を分けるまちづくりのポイントを明らかにし、誰もがリーダーとなれるまちづくりの手法や考え方を提示する。当日は日本青年会所副会頭の藤井俊成さんのコーディネートのもと、JCとしてのまちづくりへの取り組みについても議論を深めていく。

 24日は会場に飲食ブースを設置。横浜で11月に開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議に参加する21の国・地域の郷土料理を提供するほか、「食を通した日本経済の再興」を目的とした「地域活性たから市」で全国各地の「地域のたから」を紹介する。

 7月22日に行われた「サマーコンファレンス2010」会頭記者発表会で、日本青年会議所、第59代会頭の相澤弥一郎さんは「今回、味のある、質の高い講師陣で自信を持って臨むことができる。我が国の再生を示すと同時に、日本の奥深さ、広さを横浜の地から発信できたらよいと思っている」とコメント。また、林文子横浜市長は「横浜での開催は15回目だが、これからも継続していけるように横浜市としては支援していきたい。今回のコンファレンスは、講師メンバーが豊富であり、魅力的なテーマがそろっている。独自の切り口、視点を持って日本のビジネス界をリードするパネリストの話を是非聞きにきてもらいたい」と語った。

 会場はパシフィコ横浜の国立大ホールほか。開催時間は7月24日=10時~17時30分、25日=10時30分~12時。入場無料。

 日本青年会議所は1951年設立。共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに全国的運営の総合調整機関として設けられた。現在、全国に青年会議所があり、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革などの社会的課題に積極的に取り組んでいる。神奈川ブロック協議会は県内の21青年会議所のメンバーが出向して構成されている。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?