角川マーケティングが「ラーメンWalker横浜版」の電子書籍

「ラーメンWalker横浜版 for iPad」アプリ表紙

「ラーメンWalker横浜版 for iPad」アプリ表紙

  •  
  •  

 出版業を営む「角川マーケティング」(東京都千代田区)は6月14日より、「ラーメンWalker神奈川2010」の電子書籍版アプリ(iPad版)「ラーメンWalker横浜版 for iPad」を期間限定で無料配信している。

 ラーメンWalker 2010は、角川マーケティングがエリア毎に編集したラーメン情報誌で、全国6エリア(東京・埼玉・千葉、神奈川、東海、関西、北海道、福岡)で発行されている。同情報誌のラーメン・クチコミ情報サイトの登録数は現在3万店以上。

[広告]

 電子書籍版アプリの提供は、ラーメンメディアを目指す同社が「ラーメン」をテーマに行っている年間プロジェクト「ラーメンWalkerプロジェクト2010」の一環。

 横浜版アプリの主なコンテンツは、「二郎インスパイア系」や「新店ラッシュの横浜家系」、「セカンドブランドの登場」など、神奈川のラーメン事情を語る10のキーワードを解説した「2010神奈川ラーメン 10のキーワード!」、神奈川を代表する8人のラーメン職人がおすすめのラーメン店を紹介する「2010年のラーメン界を語る ラーメン八賢人」。

 「家系」「サンマーメン」「小田原タンタンメン」「平塚たんめん」などのご当地麺を紹介する「地元ならではの味 神奈川のご当地麺がスゴい!」、サイドメニューに注目した「食べに行く価値あり! ウワサのラーメン店 “絶品”サイドメニュー&変化麺」など。

 掲載店舗は巻末のインデックスでチェックでき、画面上で店名にタッチすると、Web版「ラーメンWalker」の該当店舗ページにリンクし、詳細や最新情報が得られる。iPadアプリをダウンロードするにはiTunesが必要。無料ダウンロードは7月末まで。

 角川マーケティングの石栄雄一郎さんは「配信をスタートして以来、1日約900~1,000のダウンロードをいただいております。7月末まで無料でダウンロードできますので、ぜひお試しください」と話している。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?