新型コロナ関連速報28日:感染者数最多更新

横浜ベイクォーターアネックスに有機食材の「オーガニックハウス」

惣菜メニューイメージ

惣菜メニューイメージ

  • 0

  •  

 横浜駅東口に3月19日に開業した「横浜ベイクォーターANNEX(アネックス)」4階に、「オーガニックハウス 横浜ベイクォーター店」(横浜市神奈川区金港町1、TEL 045-450-6737)がオープンした。

[広告]

 オーガニックハウスは有機食材を使用した惣菜(そうざい)を提供するカフェ。神奈川では横浜そごう店に続く2店舗目の展開となり、イートイン併設形式では神奈川県初。同店は子育て世帯をターゲットにした子ども向けのメニューや野菜のスイーツなどの新商品を加えて提供する。店内はシンプルであたたかみのある内装で、ベビーカー用のスペースを設置。店舗面積は37.5坪、席数44席。

 内容は「量り売り総菜」が全品100グラム280円。サラダ・冷菜(ナスの和風香味マリネ、タイ風マリネ)、温菜(島田屋とうふのふんわりバーグ、鶏の唐揚げ黒酢あんかけ、有機野菜のカポナータ)、有機にんじんスープなど。

 子ども向け新メニュー「キッズプレート」は、「5種の野菜のナポリタンセット」、「安心たまごのふわふわオムライスセット」(各500円)。

 日替わりで、豆カレーやタイ風カレーなどオーガニックスパイスで作った同店特製カレー「オーガニックハウス オリジナルカレー」(500円)を提供するほか、惣菜をふんだんに使った週替わり弁当やヘルシーバランス弁当などをランチタイム限定で販売する。価格は650円~。

 カフェメニューには、オーガニックの茶葉・豆とこだわりミルクを使用。ブレンドコーヒー、黒糖ティーラテ、ダークココア、キャロット&アップル(各300円)、イタリアミラノ直輸入のオーガニックジェラート(2種350円、3種480円)など。

 オーガニックハウス広報担当の峯陽子さんは「旬の有機野菜を取り入れた和・洋・中のお惣菜を豊富に取りそろえています。懐かしい家庭料理からワクワクさせる創作メニューまでセルフサービスでお選びいただけます。店内でのお召し上がりもお持ち帰りも、お客様のご気分とご予定次第。オーガニックハウスでこころとからだにおいしいひとときをどうぞ」と話している。

 営業時間は11時~20時。

 横浜ベイクォーターアネックスは、ヨコハマポートサイド地区の地上31階・地下2階建て、高さ約150メートルの新しい高層ビル「横浜ダイヤビルディン グ」内に開業した、女性や子育て世帯をメーンターゲットとした商業施設。同ビル3階~6階フロアーに日本初出店1店舗、神奈川県初出店10店舗を含むテナント23店舗が入居し、全フロアから既存の商業施設「横浜ベイクォーター」に接続する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース