桜の名所・大岡川で「お花見クルーズ」-今年も各社が運航

濱進が運航する屋形船(昨年の写真)

濱進が運航する屋形船(昨年の写真)

  •  
  •  

 桜の季節を迎え、観光・遊覧船事業を展開する各社はそれぞれ大岡川沿いの桜を楽しむ「お花見クルーズ」の運航を企画している。

 京浜フェリーボート(横浜市中区海岸通1)は、桜木町から黄金町にかけての大岡川沿いの桜並木を船上から観賞できる「お花見クルーズ」「夜桜クルーズ」を実施。お花見クルーズは約40分の観覧クルーズで、4月2日~4日の3日間に1日5~6便を用意。乗船料金は 2,000円。夜桜クルーズは約60分の観覧クルーズで、4月10日と11日の17時から1時間半おきに3便を運航。乗船料金は2,500円。乗船場所はいずれもみなとみらい地区ワールドポーターズ前・ピア運河パーク。なお、オプションとして別途1,500 円で特製花見弁当(お茶付き)を用意する。

[広告]

 ポートサービス(中区山下町2)は、4月11日まで「船上桜見物とみなとみらい爽快クルーズ」を毎日2~5便運航。小型ボートによる約60分間のクルーズで、出航場所は横浜大桟橋。乗船料金は昼間便が大人2,000円・子ども1,000円、夜桜便が大人3,000 円・子ども1,000円。乗船には事前予約が必要で、25人までの団体で貸し切っての利用も可。

 濱進(金沢区金沢町103)では、屋形船で桜を楽しむ「横浜大岡川お花見プラン」を4月18日まで運航。ランチタイムのクルーズは所要時間約60分、乗船料金は特製お花見弁当付きで大人6,300円、子ども3,150円。乗船場所はみなとみらいぷかり桟橋。ディナークルーズは所要時間120分で、乗船料金は大人7,500円~、子ども5,250円(いずれも料理代込み)。乗船場所は大桟橋(18時出航)またはみなとみらいぷかり桟橋(18時30分出航)となる。ランチクルーズ・ディナークルーズともに大人2人以上から利用可能で、要予約。

 大岡川の両岸は日の出町から上大岡付近まで桜並木が続いており、桜の名所として知られている。川幅はそれほど広くないため、桜の花が川にせり出した様子を船上から眺めることができる。

 各クルーズの詳細や問い合わせ・予約は、それぞれの運航会社まで。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?