横浜駅西口に週末限定のクリエイタースペース「FLEX」

週末限定のクリエイタースペース「Inspiration Space FLEX」

週末限定のクリエイタースペース「Inspiration Space FLEX」

  •  
  •  

 横浜西口に12月5日、週末限定のクリエイタースペース「Inspiration Space FLEX(インスピレーション スペース フレックス)」(横浜市西区南幸2)がオープンした。

 「FLEX」は、「横浜発の総合的なカルチャー発信スペース」をコンセプトとする、雑居ビルの一室を改装した約20平方メートルの空間。壁面にアート作品を展示するほか、手作り雑貨やアクセサリーを紹介するボックス10個をクリエイターにレンタルし、作品を販売する機会を提供する。また、古着や書籍・音楽の販売コーナーも備える。

[広告]

 運営を始めたのは、横浜市栄区在住の柴田幸祐さん(25歳)。「多様なジャンルで創造活動に携わる人たちが交わるきっかけを提供し、交流が生まれる場をつくりたい」との思いで、今年7月に友人と二人で物件を借り、仲間の助けを得て内装のリフォームも手掛けた。

 12月中の毎週土・日には「幸-shiawase-」をテーマとした13人の作家によるグループ展が行われている。壁面に展示された作品には、オリジナルのプロフィールカードを添え、作家に親しみを持ってもらう工夫をしている。展示する作品は毎月テーマを変えて入れ替えていくとのこと。

 また、レンタルボックスで販売しているのは、ジュエリーブランド「Stardust Bell's」や、ハンドメイド雑貨「SK confetto」などの若手の作家たちの作品。「SK confetto」の勝田有香さんは「同世代が運営するスペースのコンセプトに共感して協力したいと感じて出店した」と言う。

 柴田さんは「ふだんギャラリーなどに足を運ばない方に気軽に来ていただけるスペースを目指しています。そして、多くの方々に、夢を持って表現活動しているクリエーターの作品に触れてもらえたら。展示作品のジャンルやレベルは問いません。思い出づくりから、本気で注目されたい方まで、さまざまな表現が集まる場として、このマンションの一室の小さなスペース『FLEX』を時間をかけて育てていきたい」と話している。

 営業日は週末限定で月8日。営業時間は11時~19時30分。同店では、1月に「繋-tsunagi-」をテーマに行うグループ展の出展作品を募集している(応募締切は15日まで)。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?