巨大クモが最後のパフォーマンス-「開国博Y150」フィナーレ

「La Machine (ラ・マシン)」の巨大クモとパイロットたち

「La Machine (ラ・マシン)」の巨大クモとパイロットたち

  • 0

  •  

 4月28日に開幕した横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」が、9月27日に閉幕する。フィナーレとして週末の26日と27日にさまざまなフィナーレイベントが行われる。

 ベイサイドエリアの象の鼻会場では26日12時30分より、アートプロデューサー日比野克彦さんが監修する「横浜FUNEプロジェクト」が、「開国博Y150 出航イベント」として、多くの市民が参加して制作した「Y150横浜丸」と4隻の段ボール船「種は船」の「出航」イベントを開催する。

[広告]

 赤レンガ会場では、会期中140団体・1万人以上の市民が参加したベイサイド市民協催のフィナーレとして、開国博Y150の多様な市民参加プログラムを展示で紹介するほか、26日にはこれまでの参加者が集まり「市民協催・開催者ライブ」、27日には小川巧記総合プロデューサー、日比野克彦さん、山崎洋子Y150市民参加プラットホーム推進委員会委員長のトークや、自由演奏会Y150による演奏により全員参加の歌とパフォーマンスによるライブイベントなどが行われる。

 また、Y150トゥモローパークでは最終日の27日に、バブルガム ブラザーズのコンサートや、ライブゲストにN.U.とK.K.を迎えて、FMヨコハマ公開生放送「Y150フィナーレスペシャル」が行われる。

 4月17日~19日に行われた「開国博Y150」のプレイベントでは61万5千人の観客を集めた巨大クモ「La Machine (ラ・マシン)」 は、通常のパフォーマンス終了後の20時30分から特別演出のファイナル・パフォーマンスを行う。パフォーマンス終了後には「開国博Y150」閉会式が開催される。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?