天気予報

28

21

みん経トピックス

歴代日産車90台がパレード映画ファンの黄金町映画祭

神奈川県が公用電気自動車を週末にレンタル-全国初のモデル事業

  • 0
神奈川県が公用電気自動車を週末にレンタル-全国初のモデル事業

実際に貸し出すEV車「スバル プラグインステラ」

写真を拡大 地図を拡大

 神奈川県は9月19日から、平日の業務で使用する電気自動車(EV)を土日祝限定でレンタカーとして県民に貸し出す「EVシェアリングモデル事業」を開始する。

 同事業は全国初となる取り組みで、地球温暖化の防止を目指し環境に優しいEVの普及を推進する県が、多くの県民にEVを体験してもらうためのきっかけとして実施するもの。県が平日に使用している電気自動車を、休日に県民に貸し出すという共同利用「シェアリング」の形を取ることで、レンタル料金を通常のガソリン車並みに抑えることができるという。

 EVは動力源にガソリンエンジンやディーゼルエンジンを使用せず、バッテリーに蓄電した電力でモーターを回転させて走行する。排気ガスを出さないため地球環境に優しく、騒音や振動も少ないのが特徴。

 今回の事業で貸し出す車種は、富士重工業「スバル プラグインステラ」と三菱「i-MiEV」の2台。予約はそれぞれニッポンレンタカー横浜駅東口営業所(横浜市神奈川区金港町1、TEL 045-440-0919)とマツダレンタカータイムズステーションTS横浜関内店(中区蓬莱町2、TEL 045-262-8966)で受け付ける。両車種は、1回の充電で約90~160kmの走行が可能だという(カタログ値)。

 神奈川県環境農政部大気水質課電気自動車担当課長の山口健太郎さんは「県は現時点で3台のEVをリース契約で導入しており、来年3月までにさらに11台を導入する予定。今回のシェアリングモデル事業は実証試験と位置づけており、今後はニーズや料金設定・採算性などを改めて検討していきたい」と話している。

 貸し出し期間は2010年3月14日までの土・日・祝日で、料金は3時間まで5,250円。詳細は各レンタカー会社まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「忍法唐揚げの術シウマイ弁当」は、通常シウマイがある場所に鳥唐揚げが5個入っている特別版。昔ながらのシウマイは1個入り。その他の鮪の照り焼、かまぼこ、玉子焼き、筍煮、あんず、切り昆布&千切り生姜、俵型ご飯は通常のシウマイ弁当と同じ。価格は通常のシウマイ弁当と同価格で各830円。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング