3密を避けて新しい生活様式へ!

横浜美術館で最新アート映像の祭典「イメージフォーラム・フェス」

オーストリア作品「7915キロ」 ニコラウス・ゲイハルター監督

オーストリア作品「7915キロ」 ニコラウス・ゲイハルター監督

  • 0

  •  

 横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3、TEL 045-221-0300)で7月18日より、映像アートの祭典「イメージフォーラム・フェスティバル2009」が開催される。

 同イベントは、日本国内・海外から、実験映画、ビデオアート、インディペンデント映画、映像インスタレーションなど、創造的で新しい映像アートの新作、話題作を上映する映像の祭典。1987年スタート以来、東京、京都、福岡、名古屋、横浜の5都市を巡回しながら開催しており、今年で23回目。映像紹介を通して、観客と作家、国際間における相互交流を図り、芸術的な映像文化の向上と地域の映像文化の活性化を目指す。

[広告]

 今回は、海外招待部門「ニューフィルム・インターナショナル」、一般公募部門「ジャパン・トゥモロウ」、日本招待部門「ニューフィルムジャパン」の3部門で構成。計10プログラム、52作品の長編、短編作品上映とインスタレーション展示を行う。

 海外の注目作品は、ニューフィルム・インターナショナル部門の「ドイツ実験映画特集」プログラム。アニメーション、抽象映像、ドラマ、ミュージック・ビデオなど、2002年から2009年に制作された、ジャンル・手法ともに多彩なドイツの最新実験映画17作品を上映する(7月19日、18時45分~)。

 オーストリアの長編作品「7915キロ ダカール・ラリーの轍の上で」は、2007年ダカール・ラリーの道程7915キロメートルを、ニコラウス・ゲイハルター監督が4カ月かけて取材したもの。アフリカの6,500分に及ぶ記録と70のインタビュー素材が盛り込まれている(7月20日、14時15分~)。

 横浜特別プログラムでは、実験映像作家を目指す新人の発掘部門「ジャパン・トゥモロウ」に応募した神奈川県の作品の中から選出された特別プログラムを上映する。

 イメージフォーラム・フェスティバルのディレクター澤隆志さんは「今年から一般公募部門はノミネート制となり、観客賞も設けています。21作品が対象作品ですので、是非お気に入りの作品にご投票下さい。オーストリアの『7915キロ』は、昨年ロングラン上映したドキュメンタリー『いのちの食べかた』の監督最新作。どうぞお楽しみに」と話す。

 入場料は当日=1,000円(1回券)、特別観賞1回券=800円、3回券=2,100円、フリーパス券=4,500円。会場はレクチャーホール、7月20日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?