新型コロナ関連速報3日:市内2355人を確認

大さん橋で横濱地図博覧会が開幕―巨大「完全復元伊能大図」も

写真 ©NPO法人Big Map

写真 ©NPO法人Big Map

  • 0

  •  

 大さん橋ホール(横浜市中区海岸通1)で開港記念日の6月2日、巨大な「伊能大図」とさまざまな横浜の地図を集めた「横濱地図博覧会2009 vol.1 伊能大図と今横浜」が開幕し、約2,300人が訪れた。

伊能忠敬による江戸時代後期の日本地図を拡大した「完全復元伊能大図」

[広告]

 「伊能忠敬 体感ゾーン」には、伊能忠敬による江戸時代後期の日本地図「伊能大図」を35×60メートルに復元した「完全復元伊能大図」が展示され、多くの来場者が地図の上を歩きながら、関心がある地域を眺めていた。

 「今横浜 展示ゾーン」では、横浜中心部の12×8メートルの住宅マップ、3Dマップ、商店街マップなどの展示のほか、「開国博Y150」のマザーポートエリアを紹介する「たねまるマップ」の制作過程をパネル、映像で紹介する展示コーナーや、2年前に横浜市立東小学校と横浜市立大学鈴木ゼミが制作した、防災、福祉、生活の観点から子どもたちがポイントを解説した5×5メートルの「あんあんマップ」を紹介するコーナーなどが設けられている。

 実行委員会事務局長の小池舞さんは「横浜市内の川の地図や、小学生から見た危険な場所の地図、お気に入りの場所の地図など、市民の視点で見たさまざまな地図がたくさん集まりました。9月には第2弾として赤レンガ倉庫で『150年の地図ものがたり』をテーマに開催します。地図やまちづくりに関心ある方は、ぜひ一緒にこの開港150周年の市民プロジェクトに参加して欲しい」と話している。

 「完全復元伊能大図」は、同展終了後、全国巡回フロア展として、宇都宮市、さいたま市などを巡回する予定。開催は6月2日~6月5日、11時~20時(最終日は16時30分最終入場、17時まで)。入場は無料(伊能大図はガイド付きで観覧料500円、小学生以下無料)。問い合わせは横濱地図博覧会2009実行委員会(TEL 045-309-9944)まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース