地球温暖化対策推進協議会が講演会―海から見た地球温暖化

海洋研究開発機構地球環境変動領域の深澤理郎領域長

海洋研究開発機構地球環境変動領域の深澤理郎領域長

  •  
  •  

 横浜市地球温暖化対策推進協議会(通称:チーム・CO-DO30)は4月30日、関内ホール小ホール(横浜市中区住吉町4)で、特別講演「海から見た地球温暖化 ~より確かな気候変動予測のために」を開催する。

 同協議会は、日常生活や事業活動に密接に関わっている地球温暖化の問題を解決するためには、市民、事業者、行政の各主体が自ら取り組み、互いに連携して行動していくことが不可欠という考えのもと2006年に設立。「横浜市脱温暖化行動方針」(CO-DO30:コードサンジュウ)などに掲げた温室効果ガス削減目標の達成に向け、「ストップ温暖化」に向けた活動に取組んでいる。

[広告]

 今回の講演会では、海の中にまで影響を及ぼしているという地球温暖化について、海洋研究の一人者である海洋研究開発機構地球環境変動領域の深澤理郎領域長を招き、特別講演を行う。

 講演後には、チーム・CO-DO30家庭部門の取組紹介と、協議会の通常総会が行われる。

 チーム・CO-DO30の事務局長を務める横浜市地球温暖化対策事業本部・地球温暖化対策課の吉田肇担当課長は「難しそうな活動団体のように思われるかもしれませんが、イベント運営など、会員それぞれができる範囲で楽しく取り組んでいます。ぜひ協議会に入会し『365万市民』の力を合わせ『環境モデル都市・横浜』の実現に向けて行動しましょう。講演後の通常総会は誰でも傍聴でき、これまでの取り組みや、今後の展開などが分かると思います」と話している。

 特別講演の開催時間は14時~15時。参加費は無料(当日参加も可)。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?