THE ALFEEがトライアスロン応援ソング提供-3年ぶりサマーコンサートも

THE ALFEEのメンバーとトライアスロンの応援ソングを贈呈された中田宏市長

THE ALFEEのメンバーとトライアスロンの応援ソングを贈呈された中田宏市長

  • 0

  •  

 結成35周年を迎えたロックバンド「THE ALFEE(ジ・アルフィー)」が4月17日、横浜市役所を訪問し、8月に開催されるトライアスロンイベントへ応援ソング「冒険者たち/The Adventure Begins」を贈呈した。

 提供する曲は、8月21日~23日に行われる「2009トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会」「世界キッズトライアスロン大会」「世界こどもスポーツサミットin横浜」の3イベントの応援ソング。「自分やタイムへのチャレンジ=冒険と、未来に向かって突き進む子供たちへ贈る応援歌」が曲のイメージコンセプトとのこと。

[広告]

 またバンドとしては、2006年以来休止していたサマーコンサートを、3年ぶりに8月8日、9日に赤レンガパークで「最後の夏イベント2009」として開催することを発表。3つのトライアスロン関連イベントのプレイベントと位置づけ、曲の演奏でトライアスロンをPRする。動員は6万人の予定。コンサートには横浜市民枠を設けるほか、収益の一部をトライアスロンに寄付する。野外イベントを行うのは今回で終了の予定。

 THE ALFEEと横浜市とは、Jリーグ横浜FCへのオフィシャルチームソングの提供や、1994年の国際会議場「パシフィコ横浜」国立大ホールの落成記念コンサートのほか、市内で86回のコンサートを実施してきた経緯がある。曲の提供は横浜市から依頼。

 メンバーから楽曲のCD盾を受けとった中田宏横浜市長は「冒険者たち」について「躍動感あふれる曲。私も曲を作って恩返ししたいと思ったくらいです。多いに活用させて頂きます」と話し、3人に「開国博Y150」のマスコットキャラクター「たねまる」のぬいぐるみをプレゼントした。

 ボーカルの櫻井賢さんは「都心部でトライアスロンが開催できるのは、横浜の海が泳げるほどきれいであるということ。微力ながら我々としても協力できることを誇りに思う」と。「冒険者たち」を作詞・作曲した高見沢俊彦さんは「THE ALFEEEはメンバー交代や活動休止もなく35周年を迎える。どこまでやれるか『冒険』でもあり楽しみでもある。音楽は年齢ではないことを証明したい」と話した。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?