横濱開港キャンドルカフェで1万本のロウソク点灯-和と洋の演出

キャンドルカフェ2007の様子(ナビオス横浜)写真提供:横浜開港150周年協会

キャンドルカフェ2007の様子(ナビオス横浜)写真提供:横浜開港150周年協会

  • 0

  •  

 横浜のクリスマスシーズンを彩る市民手作りのキャンドル点灯イベント「横濱・開港キャンドルカフェ2008」が、12月20日から23日まで、ナビオス横浜・通景空間(横浜市中区新港)や運河パーク(横浜ワールドポーターズ前広場)などで開催される。横濱・開港キャンドルカフェ150実行委員会の主催。

 今年のテーマは「和と洋のコラボレーション」。聖夜のイメージを生かした例年の華やかな雰囲気に加え、「和」の要素を取り入れたのが特徴。ぬくもりと癒しの空間をみなとみらいの一角に演出する。

[広告]

 同イベントは今年で3回目。昨年は約22万人が来場した。今回全エリアで展開するキャンドルは昨年より3,000本増え、1万灯に。

 「灯野(とうの)ゾーン」とした「和」のエリアには、埼玉の伝統工芸「籠染め」を生かした灯を設置する。灯火によって、工夫をこらした伝統的な模様の美しさが引き立つ趣向となっている。「クリスマスツリーと灯りゾーン」とされた「洋」のエリアでは、ツリーとろうそくでかわいらしさを演出するという。

 また、夢や願い事を書き込む好評の「ドリーミングシート」(1シート1000円)コーナーでは、恋人や家族、仲間たちとともに想いを描き、キャンドルに飾って点灯することができる。

 このほか、キャンドル点灯に先立ち、期間中横浜を中心に活動するアーティストによる「開港ホットライブステージ」、多彩なケータリングカーによる飲食が楽しめる「ホットフードコーナー」も併催される。

 20日17時からは、「キャンドル・クイーンY150」と「キャンドル・レディY150」による「献灯式」を実施。シンガーソングライターのおおばせいこさんよる歌や、赤い靴記念文化事業団、帆船日本丸を愛する男声合唱団による合唱が行われる。

 キャンドル点灯時間は16時30分~21時00分まで(受付16時00分~20時30分)。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?