相鉄ジョイナス1階がリニューアルオープン-横浜初出店が7店舗

高島屋側の「大通り」周辺のイメージ図

高島屋側の「大通り」周辺のイメージ図

  • 0

  •  

 相鉄ビルマネジメント(横浜市西区)が運営する「相鉄ジョイナス」は11月28日、1階フロアの第1期のリニューアルを完了し、17店舗がオープンする。

 相鉄ジョイナスは2002年度から全館の大規模リニューアルを進めており、現在、1階フロアを2期に分けてリニューアルしている。今回のリニューアルでは、横浜駅中央東西自由通路に近いエントランスエリアの「広場」周辺と、高島屋側の「大通り」周辺に新たに進出する11店舗を含め合計17店舗がオープン。このうち、「Spick and Span Noble」や「パティスリーキハチ」といった7店舗が横浜初出店となる。

[広告]

 リニューアルでは、「Contemporary Life」をコンセプトとし、メインターゲットを25~35歳の女性とカップルと設定。エントランス部分の「広場」は、石畳の床に真ちゅうをめぐらし、中心部を丸くくり抜いた天井部分と柱をダークグレーの落ち着いた色調とするが特徴で、中にも新鮮さを表現。広場の中心に位置する6本の柱は天然石の削り出しを使用し、「コンテンポラリー(現代風)」と「上質感」を醸し出す。店舗が並ぶ大通りは、光に包まれた明るい色調で大きなサイズの石張りとし路面店舗のような雰囲気をつくる。総事業費は約20億円。

 11月6日より、英国生まれのフレッシュハンドメイドコスメの店「LUSH」など7店舗が順次オープンしており、28日には、「Spick and Span Noble」や「パティスリーキハチ」のほか、チョコレートショップ「ゴディバショコイスト」、相鉄ジョイナス限定の「ムークリームケーキ」を新発売する「文明堂」など10店舗がオープンする。

 来年予定している第2期のリニューアルでは「小径」エリアを加え、ショッピングの「街」としての広がりを演出する計画。

 相鉄ジョイナスは、地上8階地下2階建てで、オープンは1973年11月。地下街は、相鉄線・JR線・市営地下鉄線連絡コンコースに直結し、2007年秋には、鮮食品・惣菜・ベーカリーを中心にオリジナルブランドを手がけるスーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹横浜店」を誘致、開業している。売場面積は約269坪で、店舗数は230店。年間売上げは368億円(2007年度)。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?